Amazon読み放題の登録・解約の流れを詳しく解説!

Amazon読み放題の登録・解約の流れを詳しく解説!

『僕らが毎日やっている最強の読み方』から刺激を受けて、Amazonの読み放題に登録してみました。池上彰さんも佐藤優さんもAmazonの読み放題を利用しているとは書いていませんでしたが、コスパで考えると今はこのサービスが一番なのかなと思ったのです。

しかし、実際に登録してみて思ったのが、登録・解約の場所などが分かりづらかったです^^;そこで今回は、Amazon読み放題の登録・解約などの使い方の流れを、分かりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

Amazonの読み放題一覧を確認

Amazonの読み放題に登録する前に、どんな雑誌や書籍が読み放題になっているか確認しておきましょう。

僕が登録した時点では14万冊以上が読み放題になっていましたが、もしかすると目当ての本がない可能性もありますからね。
⇒ Amazon読み放題一覧

Amazon読み放題一覧

もちろん全てを確認するのは無理だと思いますが、サイドバーでジャンルごとに分けられていますので、どんな本があるかを確認してみてください。

スポンサーリンク

Amazon読み放題の登録方法

読みたい本が見つかったら、Amazonの読み放題に登録してみましょう。
⇒ Amazon読み放題の登録ページ

Amazon読み放題の登録

30日間は無料で利用できるというのが嬉しいですよね。
(※2017年1月現在)

ちなみにAmazonの読み放題は、正式には『Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)』というサービスです。

登録の際にはアカウントのログインとクレジットカードの入力が必要ですが、画面の案内に従って進めていけば大丈夫だと思いますので、ここでは省略します。

Kindleアプリをインストール

こちらからそれぞれの端末(PC・タブレット・スマホ)に合ったKindleアプリがダウンロード・インストールできます。
⇒ Kindleアプリのダウンロードページへ

Kindleのアプリをインストール

PCの場合は「ダウンロード」をクリックすると、このような『Kindleのインストーラー』がダウンロードされますので、こちらをダブルクリックしてインストールしていきます。
Kindleのインストーラー

また、スマホとタブレットの場合はダウンロードとインストールが同時に行われると思いますが、端末によって異なる場合もありますので、ご了承ください。

ちなみに僕のアンドロイドのスマホと、iPadでは同時にできました。

Kindle本を選んで読む方法

Amazon読み放題の登録と、Kindleアプリのインストールが完了したら、早速読み放題になっているKindle本を選んで読んでみましょう。

先ほどの読み放題一覧ページに戻ります。
⇒ Amazon読み放題一覧

Amazon読み放題一覧2

読み放題サービスの登録が完了していると、先ほどは「1-Clickで今すぐ買う」となっていたボタンが、このように「Kindle Unlimitedで読む」に変わっています。

下に金額が書いているのでちょっとややこしいですが、上には「会員の方は読み放題でお楽しみいただけます。」と書いているので大丈夫です。

「Kindle Unlimitedで読む」をクリックすると、このように画面が切り替わります。
Kindle本ダウンロード

「Kindle for PCを開く」をクリックすると、「Kindleを開きますか?」という確認の画面が表示されますので、『kindleを開く』をクリックします。
kindleを開く

読みたい書籍をダブルクリックすると読めるようになりますので、ぜひ色んな本を楽しんでみてくださいね。
Kindleアプリ

Amazon読み放題の解約方法

Amazonの読み放題を解約するには、画面右上から「アカウントサービス ⇒ お客様のKindle Unlimited」に進みます。
Amazonの読み放題の解約方法

画面左下にある「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックします。
Amazonの読み放題の解約方法2

「メンバーシップを20XX/XX/XXに終了」をクリックすると解約が完了します。
Amazonの読み放題の解約方法3

これも場所が分かりづらいので一応確認しておいてくださいね。

まとめ

今回はAmazonの読み放題(Kindle Unlimited)の登録から解約まで、使い方について解説してきました。僕も昨日登録したばかりなので続けるかどうかはまだ分かりませんが、いずれまた使ってみた感想などを書いていきたいと思います。

30日間は無料で利用できますので、とりあえず僕のようにお試しで登録して、続けるかどうかは使ってみてから判断しても良いと思いますよ。参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ