三菱鉛筆は三菱グループじゃない?知ると驚く別の会社7選

三菱鉛筆は三菱グループじゃない?知ると驚く別の会社7選

僕たちにとっては子供の頃から文房具でおなじみの三菱鉛筆ですが、三菱自動車や三菱東京UFJ銀行などの三菱グループとは別会社です。同じ「三菱」なのに別会社なのは、僕も初めて知った時は非常に驚きましたが、日本には似ているようで実は全く別の会社というのがまだまだあります。

そこで今回は、知ると驚く勘違いしやすい別の会社を7つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

勘違いしやすい別会社7選

日清食品と日清製粉

社名に「日清」と付く会社はいくつかありますが、こちらも実はそれぞれ別会社です。

  • 日清食品 ⇒ カップヌードル
  • 日清製粉 ⇒ 小麦粉
  • 日清オイリオ ⇒ サラダ油
  • 日清医療食品 ⇒ 病院や介護施設などに食事サービスを提供
  • 日清紡績 ⇒ 主に環境・エネルギー分野(きゃりーぱみゅぱみゅがCMに出演している)

特に食品系は僕たちの生活には身近なのでややこしいですが、それぞれの商品がその分野でメジャーなのが凄いですよね。

三井住友銀行と三井住友信託銀行

三井住友銀行は2001年に住友銀行とさくら銀行の合併で誕生し、三井住友信託銀行は2012年に住友信託銀行・中央三井信託銀行・中央三井アセット信託銀行の3行が合併して誕生しています。

どちらも元々とは住友財閥と三井財閥系ではありますが、それぞれ別の事業として展開していたため、今は全くの別会社になっています。

ちなみに三井住友銀行の関連会社にはSMBC信託銀行があります。

富士フイルムと富士通

富士フイルムは1934年に富士写真フイルム株式会社として大日本セルロイド社(現:ダイセル)の写真事業部を分社化して設立されています。

そして、富士通は1935年に富士通信機製造株式会社として、富士通信機製造株式会社(現:富士電機株式会社)の電話部所管業務を分社化して設立されています。

国内には他にも「富士そば」や「フジテレビ」など、“ふじ”が社名に付く有名な会社はたくさんありますが、もちろんこれらの会社とも特に関係はなさそうです。ただし、どちらも子会社などはありますので、その辺がやはり分かりづらいかもしれませんね。

スポンサーリンク

日本テレビとニッポン放送

日本テレビニッポン放送は、テレビとラジオの会社なので僕はずっと系列会社だと思っていました。しかし、2005年にライブドアがニッポン放送の株式を取得したのが話題になった時、初めてフジテレビがニッポン放送の子会社だったことを知りました。

なお、現在はニッポン放送もフジテレビも、株式会社フジ・メディア・ホールディングスの完全子会社になっています。また、日本テレビのラジオの関連会社では、株式会社アール・エフ・ラジオ日本(通称:ラジオ日本)があります。

ブックオフとハードオフ

ブックオフは1990年に坂本孝さんが相模原市で創業していますが、ハードオフはサウンド北越の山本善政さんが1993年に新潟市に1号店を出店しています。

ただし、山本さんが坂本さんの勉強会に参加していたなどの縁があって、両企業は友好関係にあり、互いにフランチャイズ契約をしていたことで、同じ店舗内に出店するなどしていたようです。

しかし、その契約は2015年に解除されたようですので、今後は互いに競合するライバル企業になっていくのかもしれませんね。

日本郵船と日本郵便

日本郵船には『郵』という文字が使われていますので、僕は勝手に郵便局が関係している船の会社なのかと思っていました。

しかし、日本郵船は三菱グループの船会社で、国が作った郵便局(日本郵便)とは全く関係はないようです。

大塚製薬と大塚家具

大塚製薬と言えばポカリスエットでおなじみですが、ボンカレー(大塚食品)やごきぶりホイホイ(アース製薬)などを手掛けている大塚ホールディングスのグループ会社です。

しかし、お家騒動で話題になった大塚家具はまた別の会社で、事務機器の販売で知られている大塚商会もまた別会社です。

まとめ

今回はわりと名前が知られている会社の組み合わせを7つ紹介しましたが、実は調べるとまだまだ似ているようで別の会社はたくさんあります。特に企業間の取引がメインとなるBtoBの会社では多いようです。

なので、もし取引先でそういう会社があれば、先入観で系列会社だと思い込んでいる可能性もありますので、一応その辺は確認したほうが良いかもしれません。間違えてしまうと失礼ですし、それが原因で取引解除なんてなったら大変ですからね(^^;)

ちなみに、逆に違う会社だと思っていたら、実は同じ会社のサービスだったという例をこちらでまとめました。
⇒ 多角化戦略をしている企業の例!知って驚いた18選

よろしければ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ