割烹と料亭の違いについて!悩んだ時はどっちを選んだらいいの?

割烹と料亭の違いについて!悩んだ時はどっちを選んだらいいの?

割烹(かっぽう)と料亭(りょうてい)にはどちらも高級な日本料理店というイメージがあります。しかし、その違いはイマイチ分かりづらいので、いざ行く場合はどちらを選んだらよいのか悩んでしまいますよね?

そこで今回は割烹と料亭の違いから、どちらを選んだらよいのか?について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

割烹と料亭の違い

座席の違い

割烹と料亭には、まず座席による違いがあります。

割烹の座席はカウンターになっており、板前さんがお客さんの前で料理をする形式になっています。対して、料亭の場合はお座敷で食事を頂く形式です。

なので、2~3人くらいで行くのであれば割烹、4人以上になると料亭を選んだほうが良いかもしれません。4人以上でカウンターに並んで座るというのも微妙ですからね。

ただし、割烹でもテーブル席があるお店もありますし、料亭でもカウンターで食べられるお店もあるようですので、これは一応参考程度にしてみてください。

スポンサーリンク

芸者さんを呼べるかどうか?

芸者さん(舞妓さん)をお店に呼べるのが料亭ですので、芸者さんを呼びたいのであれば料亭を選んでください。ドラマでもお座敷で芸者さんがお酌をするシーンはよく見ますが、カウンターでお酌というのはあまり見ませんからね。

ちなみに、料亭ではお店に芸者さんを呼べるようにするために、キャバクラと同じ風営法で定められた2号営業の許可が必要になるようですよ。

明確な基準はない?

このように割烹と料亭の違いは、座席と芸者さんを呼べるかどうかにありますが、実はこれに関しては明確な基準というのはありません。実際、料亭なのに芸者さんを呼べないお店もあるようですし、逆に割烹でも芸者さんを呼べるお店もありました。

また「料亭割烹 ◯◯」というお店もありましたし、「料亭旅館」「割烹居酒屋」「割烹レストラン」という所もありました。つまり、割烹と料亭はどちらも何かで決められた名称ではないので、お店の名前に自由に使えてしまうということです。

ですので、実際に行く場合には事前に予約をすると思いますので、その際に座席や芸者さんを呼べるかについては確認したほうが良さそうですね。

まとめ

割烹と料亭には2つの違いがあります。

  • 割烹はカウンター、料亭はお座敷
  • 芸者さんを呼べるのが料亭

ただし、これはあくまでも一般的な違いで実際は異なる場合もありますので、いざ行く場合には事前に確認してみてくださいね。

ちなみに、料亭は高くて手が出ないイメージがありましたが、こちらのお店では僕らでも手が出せる値段で楽しめる食事もあるようです。
⇒ 菊乃井のランチの値段は?195円いなり寿司はどこで食べられる?

よろしければ合わせて参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ