極太ごぼうのブランドや産地を紹介!あなたの地域にもあるかも?

極太ごぼうのブランドや産地を紹介!あなたの地域にもあるかも?

青空レストランで紹介される堀川ごぼうの記事を書いた時に極太ごぼうについて調べてみたところ、国内には多くの産地があることを知りました。一度は食べてみたい極太ごぼうですが、どうせなら地元のものを食べてみたいですよね?

そこで今回は極太ごぼうのブランドや産地をまとめて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

極太ごぼうのブランド・産地

大浦ごぼう(千葉県)

大浦ごぼうは千葉県匝瑳市にある大浦地域だけで栽培されている極太ごぼうです。
⇒ 千葉県観光物産協会の大浦ごぼうの紹介ページ

直径30cm・長さ1m・重さ10kgにもなるのが特徴で、今回紹介している中では圧倒的に超巨大で超極太なごぼうです。しかし、収穫した大浦ごぼうは全て成田山新勝寺に奉納し、精進料理として提供されるため、残念ながら一般の市場に出回ることはないようです。

常盤牛蒡(長野県)

常盤牛蒡(ごぼう)は長野県飯山市で栽培されている信州の伝統野菜です。

常盤牛蒡は大きいもので直径約8cm・長さ1mということで、全てが極太なわけではなく細いものもあるそうですが、旬の時期には地元の直売所やスーパーで買うことができるようです。

また、残念ながら通販で購入することはできないようですが、このごぼうで作ったお茶は通販でも購入できますので、よろしければチェックしてみてくださいね。
⇒ 飯山常盤牛蒡茶はこちら

沢野ごぼう(石川県)

沢野ごぼうは石川県七尾市沢野町で栽培されている能登の伝統野菜です。
⇒ 沢野ごぼう生産組合のホームページ

普通のごぼうよりも3倍の太さになるようで、毎年11月の第1日曜日には「沢野ごぼう祭り」も開催されているようです。

沢野ごぼうもあまり市場には出回らないようですが、このごぼうで作ったお茶は「ふるさと納税」の返礼品にもなっていました。
⇒ 石川県七尾市の楽天ふるさと納税

こういうのはちょっと面白い企画ですよね。

スポンサーリンク

宇陀金ごぼう(奈良県)

宇陀金(うだきん)ごぼうは奈良県宇陀市で栽培されており、奈良県の「大和野菜」にも認定されてます。
⇒ 奈良県の宇陀金ごぼう紹介ページ

この地域の土には雲母が含まれており、収穫した際に付着した雲母がキラキラと光っていることから、名前に「金」がつけられたとされています。この宇陀金ごぼうは縁起物としておせち料理などにはピッタリのようです。

ただし、やはりこちらも生産量が少なく希少なため、直売所などでは購入できることもあるようですが、通販で購入できる所は今のところ見つかりませんでした。

堀川ごぼう(京都)

堀川ごぼうは京都で作られている伝統的な京野菜の一つですが、こちらは以前こちらのページで紹介していますので、詳しくはこちらのページをご覧ください。
⇒ 堀川ごぼうの価格や通販情報!豊臣秀吉との意外な関係とは?

諸田ごんぼう(広島県)

諸田ごんぼうは広島県府中市諸毛町の諸田地区で栽培されており、毎年12月には「諸田ごんぼう祭り」が開催されているようです。諸田ごんぼうも通販では購入できるところは見つかりませんでしたが、祭りでは即売会が行われており、飛ぶように売れるみたいですね。

昨年のお祭りの様子が、こちらのサイトで詳しく紹介されていました。
⇒ 諸田ごんぼう祭り、極太の高級ごぼうが飛ぶように売れる!府中市で年に1度の即売会

ちなみに今年は12月18日(日)に開催されるようですので、お近くにお住いの方は休日のお出かけにも良いかもしれませんね。
⇒ 府中市観光協会のホームページ

まとめ

今回は6つの極太ごぼうのブランドや産地を紹介しましたが、いずれの極太ごぼうも、普通のものより柔らかくて美味しいようです。

また、特にブランド名などはありませんでしたが、北海道・青森・静岡・愛知・福岡・熊本などでも作っている農家さんがいるという情報もありました。ですので、今回紹介した地域に住んでいない方でも、もしかすると地元で作っている方がいらっしゃるかもしれませんね。

ちなみに僕の住む秋田で作っているという情報はありませんでしたが、僕も見つけたらぜひ一度食べてみたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ