堀川ごぼうの価格や通販情報!豊臣秀吉との意外な関係とは?

堀川ごぼうの価格や通販情報!豊臣秀吉との意外な関係とは?

12月17日に放送される青空レストランで、京都の伝統的な京野菜・堀川ごぼうが紹介されます。堀川ごぼうの特徴は何と言ってもその太さにありますが、調べてみるとその誕生の背景には実は豊臣秀吉が関係していました。

そこで今回は堀川ごぼうの特徴や生まれた背景、気になる価格・通販情報を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

堀川ごぼうと普通のごぼうの違い

堀川ごぼうは京野菜ではありますが、実は品種自体は江戸東京野菜で、国内の各地で栽培されている滝野川ゴボウです。違いとしては一般的な滝野川ゴボウが直径2~3cm・長さ1mほどなのに対して、堀川ごぼうは直径6~9cm・長さ50cmと太くて短くなっています。

また、堀川ごぼうは中が空洞で”す”が出来ているのも特徴です。

ただし今回の青空レストランで紹介される堀川ごぼうは、直径15cmくらいあるんじゃないかと思うくらい太いようでしたので、今回の名人が栽培しているのは”超”が付くほどの極太になっていると思われます。

スポンサーリンク

豊臣秀吉との意外な関係

堀川ごぼうは、16世紀の末頃に京都・聚楽第(じゅらくてい)が取り壊され、その堀がゴミ捨て場となって、たまたまその中で誕生したと言われています。この堀には主に生ゴミなどが捨てられていたようでしたので、そのおかげで作物には良い土壌になったみたいですね。

そして、聚楽第は豊臣秀吉が関白となった時に建てられ、実際にここに住みながら政を取り仕切っていた場所です。

しかし、関白職を甥の秀次に譲ったと同時に聚楽第も秀次の邸宅となりましたが、秀次が亡くなった後に聚楽第もすぐに取り壊しています。その後に堀川ごぼうがその場で誕生したわけですが、もし秀吉が聚楽第を壊していなければ、堀川ごぼうも誕生していなかったかもしれませんね。

堀川ごぼうの価格・通販情報

まず、番組終了後には日テレの通販でも購入できるかもしれませんので、チェックしてみてください。
⇒ 日テレショッピング

そして、他の通販も調べた中では楽天で取り扱いがありましたが、1本の価格がなんと1580円となっていましたので、やはりブランド野菜は高いな~という感じですね。

今回は堀川ごぼうの太さだけでなく、価格にもビックリしました。ただし、これでも僕が調べた中では最安値だったんですよね。
⇒ 楽天で堀川ごぼうをチェックしてみる

なので、なかなか今回の堀川ごぼうは手が出しづらいとは思いますが、一応1/3カットで753円というのもありましたので、これなら買いやすいかもしれませんね。
⇒ 堀川ごぼう 1/3カット

ただし、こちらは数に限りがあるようなので、すでに売り切れの場合はご了承ください。

最後に

このように堀川ごほうはブランド野菜ということもあって価格がそれなりにしますが、高いのはそれだけ時間と手間がかかっているからとも言えます。なぜなら、堀川ごほうと一般的な滝野川ゴボウが、同じ品種なのに太さが違うのは栽培方法が異なるからです。

一般的な滝野川ゴボウの場合は初夏に種を蒔いて冬場に収穫をしますが、堀川ごぼうは秋に種を蒔いた苗を初夏に畑に植えて11月から収穫をしますので、一般的なごぼうよりも半年以上時間と手間をかけて栽培しているようです。

また、今回色々と調べてみたところ、極太ごぼうは堀川ごぼう以外にもいくつかあるようです。

あなたの住んでいる地域でも生産されているかもしれませんので、よろしければ合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ 極太ごぼうのブランドや産地を紹介!あなたの地域にもあるかも?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ