パン屋になるには資格が必要?パン屋になるための5つの方法!

パン屋になるには資格が必要?パン屋になるための5つの方法!

パン屋になるには、実は特別な資格は必要ありません。しかし、パン屋としてお店を出すには必要な資格がありますし、持っていると有利な資格もあります。

そこで今回はパン屋になるための資格方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

パン屋になるのに必要な資格は?

食品の製造・加工・調理・販売を行う場所には、「食品衛生責任者」という資格が必要になりますので、パン屋としてお店を出す際にも必要となります。ただし、食品衛生責任者は講習を受けるだけで取得できますし、講習会も各自治体で毎月のように行われていますので、あまり心配する必要はありません。

また、資格ではありませんが、菓子パンの製造を行うなら「菓子製造業許可」、調理パンでも「飲食店営業許可」、販売だけでも「食料品等販売業の許可」など、営業形態によって必要になってくるものもあります。

なので、パン屋としてお店を出す際に必要な資格や営業許可はありますが、特に難しくはなく単に面倒な手続きという感じですね。

スポンサーリンク

あると有利になる資格

実はパンの製造には「パン製造技能士」という国家資格があります。もちろんパン屋になるために必須の資格ではありませんが、店内に資格証を飾っておくと、お客さんへのアピールになりますよね。

また、他にも「製菓衛生師」「調理師」「栄養士」などもあると、それによって差別化もできるようになるでしょう。『栄養士が作るパン』というだけで、健康志向の高いお客さんも増えるかもしれません。

さらには「野菜ソムリエ」の資格を取得して、『野菜ソムリエが作る日替わりサンドウィッチ』なんてメニューを作ってみると人気も出そうですよね。

このように、パン屋としての資格は必須ではありませんが、何か食品関連の資格を取得して活かす事ができれば、それがお店の強みとなって固定客も獲得しやすくなると思いますよ。

パン屋になるための5つの方法

専門学校・通信講座

パン屋になるために通う学校としては製菓系の専門学校があります。

ただし、社会人であれば時間的になかなか厳しいと思いますので、そういった学校が行っている通信講座を受講するのも良いかもしれません。

専門学校に通う事で技術を身に付けることができるだけでなく、卒業後のパン屋への就職も有利になるでしょう。

パン屋に就職する

ただし、特に学校を出ていなくてもパン屋に就職することは可能です。あくまでも専門学校を出ていたほうが有利ということですね。

また、現実的には学校で身に付けた知識や技術よりも、独立する際には現場で学んだスキルのほうが大事になってきますので、最短を目指すのであれば学校に行かずに就職するほうが早いかもしれません。

ただし、大手の会社や◯◯工場のような所に就職してしまうと、ほとんどが分業になってしまっているはずなので、将来の独立のためには、1から10まで学べる中小規模のパン屋さんのほうが良いかと思います。

パン屋でバイトをする

どうしても就職が難しい場合にはバイトから始めるというのも一つの手です。

中には正社員と同じように丸一日バイトとして働ける所もあるでしょうし、バイトから社員にステップアップすることもできるかもしれませんからね。

パン屋の開業支援サービスを利用する

最近はパン屋の開業支援サービスというのもありますが、先日紹介した河上祐隆さんのリエゾンプロジェクトもその一つです。
⇒ リエゾンプロジェクト!メリットとデメリットは?

一通り学んでから開業したいのであれば、こういったサービスに頼るのも悪くはないと思います。

自信があるならいきなり独学もあり?

そして最後に、学校にも通わず、パン屋での修行もせず、開業支援も利用しないで、いきなり独立してしまうというのも不可能ではありません。

実際僕は今回、色んなパン屋さんをリサーチしてみましたが、いきなり独立したのに上手くいっている方も意外にいるようなんですよね。

ただし、その裏では失敗してしまった方も非常に多いようなので、時間はかからない分、リスクが高くなる事は覚悟しておきましょう。

まとめ

今回の話をまとめると、

  • パン屋になるには特に必要な資格は無い
  • お店を出す時には「食品衛生責任者」と各種営業許可が必要
  • パン屋になるには、学校・通信で学んで就職・バイトからの独立を目指す他に、
    開業支援を利用したり、いきなり独立という手段もある

つまり、いずれにしてもパン屋になるための決まった方法というのはありませんので、熱意さえあれば誰でもパン屋になることは可能だということですね。

参考にして頂けると幸いです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ