河上祐隆(パン屋)のリエゾンプロジェクト!メリットとデメリットは?

河上祐隆(パン屋)のリエゾンプロジェクト!メリットとデメリットは?

12月15日放送のカンブリア宮殿に、岡山県のパン屋・おかやま工房代表の河上祐隆(かわかみ つねたか)さんが出演します。おかやま工房の焼きたて無添加パンももちろん美味しそうなんですが、今回はやはりわずか5日でパン屋が開業できるというリエゾンプロジェクトが気になりますよね?

そこで今回は、河上さんがリエゾンプロジェクトを始めた理由や、プロジェクトの内容・かかる費用などを紹介したうえで、このプロジェクトのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

河上祐隆のリエゾンプロジェクトとは?

河上祐隆がリエゾンプロジェクトを始めた理由

河上祐隆さんがリエゾンプロジェクトを始めたのは2009年頃からですが、実はその前から河上さんは自分のお店のスタッフには2~3年で独立させる支援を行っていました。

そもそも河上さん自身も独立する際に師匠から400万円のお金を借りて、1000万円の連帯保証人になってもらったという経緯があったことから、その恩を継承するべく若手の開業支援に取り組んでいたようです。

そして、2007年頃から引退した団塊世代からパン屋開業の相談を受ける機会が増え、そのニーズに答える形でパン屋の開業支援をパッケージ化したリエゾンプロジェクトを始めたのでした。

自分のお店のスタッフが辞めるのは大きな痛手だと思いますので、師匠の心意気はもちろんですが、その意思を受け継いだ河上さんも素晴らしいですよね。

現在は様々な業界で後継者不足と言われていますが、河上さんのリエゾンプロジェクトの理念やノウハウは、そういった他業種でも参考にできる部分があるのではないかと思いました。

スポンサーリンク

5日でパン屋を開業できるって本当?

今回放送されるカンブリア宮殿では「5日でパン屋を開業できる」と言っていますが、もちろんこれは単なるキャッチコピーです。ちなみに僕が最初この言葉を見た時は、てっきり5日間で学んで6日目から開業できる移動販売のパン屋さんのことかと思ってしまいましたけどね^^;

しかし、さすがにそんなに簡単なものではありませんし、今回のリエゾンプロジェクトは店舗形式のパン屋の開業支援です。

実際には5日間の研修を受けてパン作りの基礎を学び、プロジェクトの適正診断・市場調査・事業計画などを経て本契約となります。その後はサポートを受けながらオープンの準備を進め、お店の開業後も色々と相談などができるというのが、このプロジェクトの内容です。

「本気でやってみたい!」という方には、やはりこれぐらいしっかりした内容のほうが安心ですよね。

気になる費用は?

リエゾンプロジェクトでパン屋をオープンした場合の気になる費用は、最低でも1125万円ほどかかるようです。
⇒ 詳細はこちら

「うわ、やっぱ高いな~」と思ってしまいますよね^^;

ただし実際には物件の契約費用や運転資金なども必要なので、少なくとも1500万円ほどは考えていたほうが良いかと思います。このプロジェクト以外で普通にパン屋として独立するも、これ位の費用はかかるようですし、もっとかかる場合もあるようですけどね。

なので、開業支援が受けられるのであれば、「これならかなり安いのでは?」と個人的には思ってしまいました。

また、大体こういうのは最終的にかかるお金は見せない所が多いんですが、それもホームページで公開しているのには非常に好感を持ちました。

ちなみにリエゾンプロジェクトはフランチャイズではなく、あくまでも開業支援なので、毎月のロイヤリティの支払いなども不要です。5日間の研修費用は10万円で、本契約前の受講も可能になっていますので、まずは研修を受けてみてから考えてみるのも良いかもしれませんね。

リエゾンプロジェクトのメリット・デメリット

リエゾンプロジェクトのメリットを一言で表すと「パン作りの技術と開業ノウハウがお金で買える」ということです。もちろん色々と細かいメリットはありますが、サポートなども含めてこの環境を手に入れられるのは大きなメリットですよね。

そしてデメリットとしては、やはり「お金」が考えられますが、いずれにしてもパン屋を開業するならお金はかかります。もちろん自分でゼロから始めれば、このプロジェクトよりも安く開業できるかもしれませんが、その分リスクは高くなりますからね。

なのでその辺を考えてみると、このプロジェクトに参加するデメリットは特に無いのではないかと思いますね。

まとめ

今回の河上祐隆さんのリエゾンプロジェクトは、個人的には非常に興味深い内容でした。

ただし、パン屋を開業するとしても他にもまだ色んな方法がありますので、まずはその中の選択肢の一つとして考えてみるのが良いでしょう。
⇒ パン屋になるには資格が必要?パン屋になるための5つの方法!

残念ながら、今はまだ秋田県でこのリエゾンプロジェクトによってパン屋をオープンした方はいないようですが、いつかオープンしたら、ぜひ一度食べに行ってみたいなと思います^^

⇒ カンブリア宮殿 出演者の記事一覧

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ