明太子の日の由来から分かった明太子発祥の驚きの歴史とは?

明太子の日の由来から分かった明太子発祥の驚きの歴史とは?

12月12日は山口県の前田海産株式会社が制定し、日本記念日協会が認定した『明太子の日』になっています。

しかし、明太子の日の由来などについて調べてみると、実は博多にある株式会社ふくやも1月10日に「明太子の日」を制定しており、今の明太子が誕生するまでには驚くほど紆余曲折の歴史があることを知りました。

そこで今回は2つの明太子の日の由来と、明太子誕生までの歴史について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

12月12日の明太子の日の由来

前田海産株式会社が制定した12月12日の明太子の日は、1914年(大正3年)のこの日に新聞(関門日日新聞)に始めて「明太子」という名称が載ったのが由来になっています。
⇒ 前田海産株式会社のホームページ

また、12月12日の明太子の日を制定した前田海産株式会社は、日本の明太子専門業者の中では一番最初(1964年)に株式会社化しており、市場関係者の間ではマルイチの名で知られているようです。

スポンサーリンク

1月10日の明太子の日の由来

株式会社ふくやが制定した1月10日の明太子の日は、創業者である川原俊夫さんが、昭和24年(1949年)のこの日に販売を開始したのが由来になっています。
⇒ 株式会社ふくやのホームページ

ただし、博多では「明太子=たらこ」という意味にもなるので、創業当初に川原さんが販売していたのは現在一般的な「たらこ」に近いものでした。しかし、その後1960年頃に川原さんが開発した辛子明太子が、現在僕たちにとっておなじみの「漬け込み型辛子明太子」なのです。

川原さんは商標登録や特許も取得せず、地元同業社に製造方法を教えたことから博多では辛子明太子作りが盛んになり、それによって辛子明太子は博多名物になったと言われています。

ちなみに川原さんをモデルにした「めんたいぴりり」というドラマが、博多華丸さん主演で以前放送されていましたね。僕もBSで放送されたのを見ましたが、かなり面白かったです^^

こちらはフジテレビオンデマンドで今も見ることができますので、よろしければチェックしてみてくださいね。
⇒ フジテレビオンデマンド

辛子明太子の歴史

このように2つの明太子の日を通して、明太子の歴史が分かってきますが、実は明太子は日本が発祥ではなく韓国が発祥の地とされています。

しかし、その明太子を開発したのが、明治40年(1907年)に「明太子の元祖」という商標で釜山に樋口商店を創業した樋口伊都羽さんという日本人の方なのです。

そして、それが日本に最初に伝わったのが山口県下関市のようです。その後の下関では昭和22年(1947年)に油政商店の山根孝三さんの支援を受けた高井英一郎さんが、唐辛子をまぶした「まぶし型辛子明太子」を開発し、昭和27年(1952年)には有限会社高井商店を設立しています。

また、こちらの会社は株式会社イリイチ食品として、現在も下関市で明太子の製造・販売を手掛けています。
⇒ 株式会社イリイチ食品のホームページ

時代の流れによって「漬け込み型辛子明太子」が主流となっていきましたが、現在も「まぶし型辛子明太子」は一部で高級品として流通しているようです。

まとめ

ということで、最後に辛子明太子の歴史を時系列順でまとめてみたいと思います。

  • 1907年(明治40年) 樋口伊都羽さん(明太子の元祖)が釜山で明太子を開発し販売を始め、
    山口県下関市に日本で初めて伝わる
  • 1914年(大正3年)12月12日 日本の新聞に初めて明太子の名称が掲載される
    (明太子の日の由来①)
  • 1947年(昭和22年) 油政商店の山根孝三さんの支援を受けた高井英一郎さんが
    下関で「まぶし型辛子明太子」を開発
  • 1949年(昭和24年)1月10日 川原俊夫さん(株式会社ふくや創業者)が
    博多で明太子の販売を開始(明太子の日の由来②)
  • 1952年(昭和27年) 高井英一郎さんが有限会社高井商店(現・株式会社イリイチ食品)を設立
  • 1960年(昭和35年)頃 川原俊夫さんが「漬け込み型辛子明太子」を開発
  • 1964年(昭和39年) 明太子専門業者では初の株式会社となる前田海産株式会社が下関で設立

ということで、辛子明太子の誕生の背景には紆余曲折の歴史があり、韓国・下関・博多のいずれにも、それぞれ発祥の地としての起源があると言えますね。

ちなみに僕は明太子が本当に大好きなんですが、こうした取り組みがあったからこそ、今美味しい明太子を食べることができていますので、明太子の発展に関わった全ての方に感謝したいと思います。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ