交代と交替に違いは無い?交代を使えば99%間違いない理由とは?

交代と交替に違いは無い?交代を使えば99%間違いない理由とは?

普段は『交代』と書いていても、たまに『交替』という字を見ると、「あれ、こっちが正しいのかな?」と思ってしまいますよね?交替も「こうたい」とは読めますが、自分で書こうと思って書く事はあまりありませんからね。

そこで「交代と交替の違い」について調べてみたところ、この二つに大きな違いはないものの、普段は『交代』を使っておけば、間違えることは99%無いだろうという結論に達しました。

今回はその理由について詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

交代と交替の違い

大修館書店が運営している漢字文化資料館を調べてみると、交代と交替の違いについて、このように解説されていました。

  • 交代「世代交代」のように、その役目などが一回限りの場合
  • 交替「昼夜交替」のように、その役目などが繰り返される場合

引用:http://kanjibunka.com/kanji-faq/old-faq/q0269/

たしかに「世代交代」は「世代交替」と書いているのをあまり見たことがありませんので、この解説には『なるほどな』と思いました。しかし、勤務の「こうたい」に関しては、『交代』と『交替』の両方を見るような気がします。

そして、漢字文化資料館の同じページには、続けてこのような解説も書かれていました。

ただし、この使い分けは絶対的なものではありません。漢字の意味に立ち返ったとき、「代」と「替」の間には、そんなに大きな差異は認められないからです。実際、江戸時代の大名が、江戸と領地の間を1年ごとに行き来した「参勤交代」の場合は、繰り返される例ですが、伝統的に「交代」を用いています。
「交代」と「交替」は、ことばそのものが違うというよりも、「コウタイ」という1つのことばがあって、それが2通りに書かれることがある、と考えた方がよいようです。

たしかに「参勤交代」は繰り返し行われることなのに、学校の授業では『交代』という字で習ったはずです。逆に「参勤交替」と書いてしまうと、テストで点数はもらえませんからね^^;

辞書では一緒

また、goo辞書で「交代」と調べると【交代/交替】という表示で、共に同じ意味として次のように解説されていました。

役割や位置などを互いに入れかえること。また、互いに入れかわること。「―で休暇をとる」「当番を―する」「選手―」
引用:http://dictionary.goo.ne.jp/jn/74032/meaning/m0u/

このように、漢字文化資料館とgoo辞書の2つを参考にすると、結論としては「どちらを使っても間違いではない」ということになります。しかし、先に紹介したように「世代交代」や「参勤交代」では、『交替』という字を使うと非常に違和感を感じてしまいます。

そこで次に「こうたい」を使った他の言葉についても調べてみました。

「こうたい」を使った言葉

社長交代

有名企業の社長が変わる時に報道されるニュースでは、「社長交代」と書かれますよね。

一度社長を務めた方が、再び社長になることは少ないので、漢字文化資料館で解説されていた意味に近いだろうと思います。

選手交代

漢字文化資料館の解説に沿って考えると、選手の「こうたい」に関しては、スポーツの種類によっても変わるとも考えられます。

例えば、野球やサッカーなら一度下がった選手は試合に出られないというルールなので、「交代」という字が当てはまるのは納得です。ただし、バスケやバレーは一度下がってもまた試合に出ることがルールで認められており、それが繰り返されるので「交替」を使っても良い気がしませんか?

しかし、マスコミや新聞ではどのスポーツでも「選手交代」と書かれています。きっとこれは僕らの混乱を避けるためなんでしょうね。また他にも「政権交代」「監督交代」など、多くのよく見る言葉でも『交代』という文字が使われているのが現実です。

ですから、僕らの普段の生活する中では『交代』を使っておけば大丈夫だろうと考えられるのです。

スポンサーリンク

交代勤務?交替勤務?

しかし、勤務のシフトに関しては身近な例であるだけに、「交代勤務」なのか「交替勤務」なのか、迷ってしまいますよね?

そこで今度はアルバイト情報サイトの『バイトル』で検索してみたところ、どちらの漢字も使われていました。(2016年12月現在)

【交替勤務の検索結果】

【交代勤務の検索結果】

参考:http://www.baitoru.com/kanto/

ただし「交替勤務」のほうが件数が多いことから、勤務のシフトに関しては、どちらかと言えば『交替』が一般的なのかもしれませんね。

ちなみに「法律の条文はどうなのかな?」と思って調べてみたところ、やはり勤務に関しては「交替」が多く使われていましたが、中には「交代」が使われている条文もありました。

【船員職業安定法施行規則 第七十条第二号】
基準労働期間、休息時間、当直割及び当直の交代方法並びに交代乗船制等特殊の乗船制をとる場合における当該乗船制
引用:http://www.e-gov.go.jp/index.html

当直なら『交替』という字でもよさそうですよね?

なので、シフトの勤務形態に関しては、どちらかと言えば『交替』が適していると言えそうですが、『交代』でも間違いではないと言えるでしょう。

確実に『交替』を使う言葉

さらに調べていった中では、やはり確実に「交替」という文字を使う言葉もありました。その中の一つが『交替性転向反応』

「え?何?」って感じですよね(笑)

これはダンゴムシの行動習性のようですが、仮に『交代制転向反応』で検索をすると、このように修正されます。

ですから『交替性転向反応』に関しては、「交代」という漢字を書いてしまうと間違いになるということですね。

まとめ

このように、中には「交代」という字を使うと間違いになる言葉もありますが、あったとしてもそのほとんどが何かの専門用語です。ですから、僕らが普段生活する中では「交代」を使っておけば、間違えることは99%無いと思われます。

ただし、勤務のシフトに関しては、どちらかと言えば「交替」が適していると考えられますので、一応『交替勤務』だけは覚えておいたほうが無難かもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ