UターンとIターン(就職・転職)の意味や違い!他にはどんな種類が?

UターンとIターン(就職・転職)の意味や違い!他にはどんな種類が?

就職や転職活動をしていると必ず見かけるUターンIターンという言葉。よく見るけど、その意味や違いはちょっと分かりづらいですよね?

また、最近ではJターンOターンに加え、孫ターンや秋田独自のAターンなんて言葉まであります。

そこで今回は、UターンとIターンの意味や違いに加え、その他の種類も合わせて事例を交えながら分かりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

UターンやIターンなどの意味や違いについて

Uターンとは?

Uターンとは地方から都心部へ移住していた方が、再び生まれ故郷の地方に戻ってくることです。「U」という文字の形が再び戻って来ることを表しています。

  • Uターン就職 ⇒ 秋田から都内の学校へ進学した方が、卒業後に秋田で就職する
  • Uターン転職 ⇒ 秋田出身で都内で就職していた方が、転職をきっかけに秋田に戻って来る

ちなみに僕は、Uターン転職のパターンで秋田に戻ってきました^^

Iターンとは?

Iターンとは出身地とは違う地方に移住することを言いますが、特に都心部から地方へ移住する場合を指すことが多いようです。「I」という文字が一方通行で戻っていないことを表しています。

  • Iターン就職 ⇒ 東京で生まれ育った方が、都内の学校を卒業後に秋田で就職する
  • Iターン転職 ⇒ 東京で生まれ育った方が都内で就職するも、転職をきっかけに秋田に移住する

Jターンとは?

Jターンとは地方から都心部に移住していた方が、生まれ故郷とは別の地方にまた移住することを言います。「J」という文字が「U」ほど戻ってきていないことを表しています。

  • Jターン就職 ⇒ 秋田から東京の学校に進学していた方が、卒業後に仙台で就職する
  • Jターン転職 ⇒ 秋田出身で都内で就職していた方が、転職をきっかけに仙台に移住する

ちなみに、これは解説だけを見るとあまりないようなイメージがありますが、実際に例を考えてみると、秋田県民にとってはあるあるです。

また、都内に本社がある大企業に就職した方の場合では、地方に支社や営業所を構えていることもありますので、本人が望まなくてもJターンになることも多いようです。

Oターンとは?

Oターンとは地方から都心部に移住していた方が、一度生まれ故郷に戻ってくるも、再び都心部へ移住してしまうことを言います。「O」という文字が「U」を過ぎて、また戻っていることを表しています。

  • Oターン転職 ⇒ 秋田から都内の学校へ進学した方が、卒業後に秋田で就職するも、
    再び都内に戻って転職してしまうこと

まぁ色々と事情はあると思いますが、これはちょっと切ない感じがしますね…とりあえず僕は今のところOターンするつもりはありませんが^^;

また、このOターンは一度Uターンしている方を指しますので、「Oターン就職」というのは基本的には無いと考えられます。

スポンサーリンク

孫ターンとは?

孫ターンとは、都内で生まれ育った子供が、自分の両親の生まれ故郷で祖父母の住む地方へ移住することを言います。ちなみにこのケースでは「孫ターン就職」や「孫ターン転職」とはあまり言わないようですね。

『クレヨンしんちゃん』の場合で考えてみます。

  • 父「ひろし」:秋田県大曲市出身(現在の大仙市)
  • 母「みさえ」:熊本県アソ市出身(現在の阿蘇市誕生前からの架空の設定)

ですから、「しんのすけ」「ひまわり」が進学や就職・転職をきっかけに秋田や熊本に移住して、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に暮らすのが『孫ターン』です。

そのうち「しんのすけ 孫ターンするゾ」なんて話が作られるかもしれませんね^^

Aターンとは?

Aターンというのは秋田県独自の取り組みで、全てのターン(ALL TURN)と秋田(AKITA)の頭文字であるAをかけています。

つまり「秋田出身の方も、そうでない方も、秋田さ来てけれ!ということです。

ちなみに頭文字が「A」の県は他に愛知県と青森県がありますが、先に秋田が始めたのは秋田県民としては良い取り組みだなと思いました。

ただ、この言葉は秋田県民以外にはほとんど浸透していないような気がします^^;せっかくいい言葉なのに知られていないのは非常に勿体無いです。

というよりも、県外に住んでいる方に秋田県内への移住を促進する言葉なのに、秋田県民だけが知っていてもほとんど意味がありませんからね。

ですので、どうせなら愛知や青森も巻き込んで「一緒にアピールしませんか?」と相乗効果を狙うのもありなのでは?と思っています。特に青森は同じ東北でお隣の件ですし。

また、愛知県は大都市なので今も人口は増えているようですが、いずれ減少に転じるのはシミュレーションで分かっていることなので、将来のことを考えると対策も必要になるはずですからね。

秋田は色んな面でアピールが苦手な県と言われていますが、今後Aターンがもっと浸透していくかどうかに注目していきたいと思います。

最後に

ということで、今回は「U」「I」「J」「O」ターンに加えて、最近話題の「孫ターン」、秋田独自の「Aターン」を解説してきました。ただし、実は他にも種類があって、最近は「C」「N」「S」「X」ターンなんて言葉もあるようです。

ちょっとややこしいので今回は省きましたけどね^^;

というよりも、正直これ以上増やしてどうするの?と思ってしまいますが、もし話題の言葉として注目されたなら、また改めて紹介したいと思います(笑)

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ