目的と目標と手段の違いとは?あなたの人生を豊かにする実践術!

目的と目標と手段の違いとは?あなたの人生を豊かにする実践術!

「こんなはずじゃなかったのに…」という経験は、誰しも一度や二度は経験していますよね?そしてこれは、目的と目標と手段の違いを理解しておらず、やみくもに物事を進めてしまったことが原因です。

ですから逆に言うと、目的と目標と手段を明確にして物事を進めれば、おのずと結果はついてきますし、きっとあなたの人生は今よりも豊かになります。

そこで今回は、目的と目標と手段の違いや、その具体的な実践方法について分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

目的と目標と手段の違い

  • 目的 ⇒ 最終的に達成したいこと
  • 目標 ⇒ 目的を達成するために必要なこと
  • 手段 ⇒ 目標を達成するために行う具体的な方法など

ちなみに辞書で引いても、たぶんこんなことは書いていませんけどね^^;

大事なのは言葉の意味を知ることよりも理解して実践していくことです。そこで次からはより理解しやすくするために、具体的な実践例を紹介していきたいと思います。

実践例

100万円貯金する

「100万円貯金する」誰しも一度はこのような目標を立てたことがあることでしょう。

しかし、達成できたという方は少ないのではないでしょうか?達成できない原因としては「何のために100万円を貯めるのか?」まで考えていないことです。

つまり「なぜ貯めるのか?」というのが目的です。

例えば、家を建てるための頭金など、その100万円を貯める目的がないからこそ、目標を達成する前に挫折してしまうのです。

そして、実際に100万円を貯めるという目標のために、『どうすればできるのか?』を考えてみる事で、例えば「毎月5万円ずつ貯金する」などの手段を決めることができます。

  • 目的 ⇒ 家を建てるための頭金
  • 目標 ⇒ 100万円を貯める
  • 手段 ⇒ 毎月5万円ずつ貯金する

ここまで明確に決めておけば、あとは決めた「手段」を実践していくだけで目標に近づき、目的も達成することができるでしょう。

5キロ痩せる

「5キロ痩せる」これも特に女性であれば考えたことのある方が多いのではないでしょうか?これも目標ですので、「何のために痩せるか?」という目的を考えることが必要です。

例えば『着られなくなった洋服を着るため』のようなことが本来の痩せる目的です。

そして、実際に5キロ痩せるという目標のために、『毎日1時間ウォーキングする』などが手段となります。

  • 目的 ⇒ 着られなくなった洋服を着るため
  • 目標 ⇒ 5キロ痩せる
  • 手段 ⇒ 毎日1時間ウォーキングをする
スポンサードリンク

目的・目標・手段の考え方のコツ

「なぜか?」と「どうすればできるか?」

「目的・目標・手段」の考え方のコツとしては、「なぜか?」「どうすればできるか?」を考えてみることです。

例えば、先の「100万円貯金する」でも書きましたが、『なぜ貯めるのか?』を考えることで、「家を建てるための頭金」という目的を導き出しました。そしてここでまた「なぜか?」を考えてみることで、『家族が幸せに暮らすため』という、さらに上の目的が考えられますよね。

ですから「家族が幸せに暮らすため」という目的に対しては、「家を建てること」は一つの目標であって、「100万円貯金すること」は一つの手段に過ぎないということです。

また「100万円貯金すること」という目標に対しては、『どうすればできるのか?』を考えてみることで、「毎月5万円ずつ貯金すること」という手段を導き出しました。そしてここでもまた「どうすればできるのか?」を考えてみる事で、『休日にアルバイトをする』という、さらに掘り下げた手段を考えることができます。

ですからここでも「100万円を貯金すること」という目的に対して、「毎月5万円ずつ貯金すること」というのは一つの目標であって、「休日にアルバイトをする」のは一つの手段ということになります。

実は曖昧な「目的と目標と手段の違い」

  • 家族が幸せに暮らす
  • 家を建てる
  • 100万円貯金する
  • 毎月5万円ずつ貯金する
  • 休日にアルバイトをする

もうここまでくると「家族が幸せに暮らす」ことが目的というのは分かりますが、どれが目標で手段なのかは明確に分けられなくなってきますね^^;

つまり、結局は何を軸にして考えるか?によって、目的も目標も手段も変わってくるということです。

そして、大事なのは分けることではなく実践していくことです。なので、こんなことを言ってしまっては本末転倒ですが、目的と目標と手段の違いなんてどうでもいいんです(笑)

必要なのは、もう何も思いつかないというくらいにまで、「なぜか?」「どうすればできるのか?」を繰り返し考えて、それを実践し続けていくことですからね。

正解は無い

ちなみに「なぜか?」を考え続けていくと抽象度が上がり、「どうすればできるのか?」を考えるとより具体的になっていきます。また、掘り下げていくほど横並びの数も増えていきます。

例えば「家族が幸せに暮らす」ためには、「家を建てること」だけでなく「家族全員が健康であること」や「家族全員が仲良く過ごすこと」などもありますよね。

ですから、下に掘り下げていくほど会社の組織図のように枝分かれになっていくイメージです。

この辺に関しては目的が大きければ大きいほど決めるのには時間がかかりますし、一度決めたからと言ってそれが絶対というわけでもありません。正解はありませんので、ある程度実践して期間が経過したら、また見直していくことも必要になります。

そして、それができるようになっていくことが目的達成への一番の近道ですし、続けていく事できっとあなたの人生も豊かになっていくことでしょう。

ですので、今何かやりたいことがある方はもちろんですが、今後何かをやりたいと思った時には、ぜひ「なぜか?」と「どうすればできるのか?」を何度も自分に問い続けてみて下さいね。

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ