三科雅嗣社長の経歴!いちやまマートの美味安心の販売店はどこ?

三科雅嗣社長の経歴!いちやまマートの美味安心の販売店はどこ?

11月17日22:24からテレビ東京で放送されるカンブリア宮殿に、
いちやまマート社長の三科雅嗣(みしな まさし)さんが出演します。

最近はどこの地域でも大手のスーパー出店していますので、
地方にある中小規模のスーパーの経営は非常に厳しいと聞きますよね。

しかし、こんな時代でも三科社長のいちやまマートは、
お客様から絶大な信頼を集めて業績を伸ばしているようです。

そこで今回は三科雅嗣の経歴や経営戦略についてや、
一度は食べてみたい美味安心の販売店などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



三科雅嗣社長の経歴

三科雅嗣
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

生まれ年:1952年11月(64歳)

出身大学:慶応義塾大学

 

いちやまマートは1958年に三科雅嗣社長の父親が創業していますが、
父親は55歳で、お兄さんも46歳という若さで他界しており、
三科社長は38歳で社長になったそうです。

ですので、おそらく1990年頃に社長になったと思いますが、
この頃の時代背景としては翌年にバブル崩壊がありました。

社長になってすぐにバブルが崩壊してしまうなんて、
きっと大変な苦労も経験してきたと思われます。

しかし、今もこうして会社(お店)も存続させ、
好調な業績を維持できているというところから考えてみても、
いかに三科社長が優秀な経営者であるかが読み取れますよね。

ちなみに三科社長は現在、日本全国の中小スーパーマーケットで作られた
「新日本スーパーマーケット協会」の常任理事も務めているようですよ。

三科雅嗣社長の経営戦略

大手のスーパーやディスカウントストアと対抗していくには差別化が欠かません。

ちなみに、低価格というのも一つの差別化ではありますが、
ここだけに力を入れていては値下げ合戦に巻き込まれてしまい、
中小規模のスーパーでは体力のある大手に勝つことはまず不可能です。

そこで、いちやまマートでは「健康的な食生活が幸せをもたらす」をテーマにし、
「美味しさ・健康・安心」にこだわった素材選びや商品開発に力を入れています。

健康意識の高い消費者をターゲットとして、
独自のルートで有機野菜を仕入れて取りそろえたり、
減塩や糖質カットの惣菜を店内調理して販売しているのです。

 

そして、そんな中でもいちやまマートの人気商品になっているのが、
オリジナルのプライベートブランド(PB)『美味安心』です。

『美味安心』では現在400種類以上の商品がありますが、
その全てにおいて「合成着色料、合成保存料、合成香料、化学調味料」を
一切使用しておらず、素材が持つ本物のおいしさを引き出しています。

PB商品というと、大手のスーパーがナショナルブランド(NB)と
同じような商品を開発して安く販売しているイメージがありますが、
このPB商品による差別化がいちやまマートの強みということになります。

 

ちなみに、いちやまマートでは大手のスーパーが扱っている
NB商品も取り扱っており、価格も競合店に合わせるようにしているようです。

つまり消費者にとっては、いちやまマートの商品は特に高いわけではなく、
どこでも売っている商品は周りのお店と同じくらいの値段で手に入れられますし、
プラスαとして「良いモノ」も買えるというのがメリットになります。

また、いちやまマートではさらに質の高い商品を取り扱うべく、
2012年からはオーガニック商品にも力を入れ始めたそうです。

そして、そのために興味のあるお客さんを集めて農場見学に行くバスツアーを企画し、
そこには専門知識を身に付けてもらうために従業員も参加させたりしているようですよ。

スポンサードリンク



三科雅嗣社長の経営戦略の本質とは?

おそらく美味安心のようなPBや、農場見学のバスツアーというのは、
大手のスーパーもマネをしようと思えばできると思うんですよね。

しかし、大手がマネをする前に次々に新しい試みを打ち出すことで、
「良いモノ=いちやまマート」というイメージが定着し、お店のファンが増えます。

そして、このようにお店のファンを増やしていく事こそが、
いちやまマートの経営戦略の本質ではないでしょうか?

つまり、お店のファンを増やす事が三科社長の本当の目的であって、
PBの美味安心や、農場のバスツアーはそのための戦術ということです。

まぁ、この辺はあくまでも僕の予想なんですけどね^^;

いちやまマートの店舗・美味安心の販売店について

いちやまマートは現在、山梨県内に11店舗、長野県内に2店舗だけなので、
残念ながら他の都道府県に住んでいる方が行くのは難しいですよね…。

店舗案内の詳細はこちらで確認できます。

⇒ いちやまマートのホームページへ

 

しかし、いちやまマートのPB商品「美味安心」が買えるのは、
いちやまマートの店舗だけではありません。

「ぜひウチにも置かせてほしい」と全国各地のスーパーとも提携しています。

⇒ 美味安心の取扱店一覧

(秋田ではタカヤナギで買えるんですね^^)

 

そして、さらにこれらのスーパーが近くにない方でも、
実はYahooショッピングにも出店していますので通販でも購入可能です。

⇒ いちやまマートのYahooショッピング店はこちら

 

おそらくこのような提携や通販も、
いちやまマートの経営を支える大きな柱になっていることでしょう。

地方でも繁盛するスーパーと、衰退してしまうスーパーの違いが、
今回のいちやまマートの取り組みを通して理解できる気がしますね。

 

【合わせてチェックしておきたい番組】

11月21日のオススメ番組は「プロフェッショナル 仕事の流儀」。

宮崎県で鮮魚店を営みながら、わざわざ東京のレストランからも
注文が殺到するというこちらの方に注目してみました。

⇒ 門川安秀の心に響く仕事への姿勢!魚が食べられるお店はどこ?

 

スポンサードリンク