稲川貴大のwiki風プロフィール!出身大学やホリエモンとの関係は?

稲川貴大のwiki風プロフィール!出身大学やホリエモンとの関係は?

11月8日23:00からNHKEテレで放送される「人生デザイン U−29」に、
ロケット開発ベンチャー企業社長の稲川貴大(いながわ たかひろ)さんが出演します。

ロケット開発というと僕らのような一般人には壮大で夢のような話ですが、
それを20代の若者が企業のトップとして取り組んでいることに、
僕は非常に興味を持ちました。

そこで今回は、稲川貴大さんの出身大学や、
気になる堀江貴文さん(ホリエモン)との関係などを
wiki風のプロフィール形式で紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



稲川貴大さんについて

wiki風プロフィール

稲川貴大
出典:http://kigyoka.com/news/magazine/magazine_20160331.html

・1987年生まれ(29歳)

・2005年 埼玉県立浦和高等学校卒業

・2010年 東京工業大学卒業

・2013年 東京工業大学大学院卒業

・2013年4月よりインターステラテクノロジズ株式会社 代表取締役

ロケットとの出会い

大学生時代の稲川貴大さんは開発者として鳥人間コンテストにも出場したことがあり、
その設計ノウハウにおいて鳥人間業界では有名人だったそうです。

そして、鳥人間を大学3年生で引退した後に学生ロケットに出会い、
そこから稲川さんのロケット人生が始まりました。

ちなみに、稲川さんが大学3年生だったのは2009年だと思われますので、
その後わずか4年でロケット開発会社の社長になったということですね。

 

ですから、こうして稲川さんの経歴を見てみると、
ロケット開発は僕がイメージしていたよりも
なんとなく身近に感じることができるようになりました。

もちろん社長になれたのは稲川さんだったからというのもありますが、
僕はロケットについて難しいものだと決めつけて、
これまではあまり興味を持つこともありませんでした。

しかし、稲川さんのような熱意や行動力があれば、
自分がロケット開発に携わることは不可能ではないと思えるようになったんです。

では、稲川さんはどうやってそのチャンスを引き寄せたのか?
それについては次から紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



稲川貴大さんと堀江貴文さんの関係

出会い

学生ロケットを知った稲川さんは、
他の大学で作り方を教えてもらって自分たちでも飛ばしたり、
ロケット開発を行っている団体の燃焼実験を見せてもらうなどしていたようです。

ちなみに、稲川さんはロケットの作り方を教えてもらいに秋田大学まで行ったり、
燃焼実験は北海道まで見に行っています。

稲川さんが通っていた大学は都内にありましたし、
燃焼実験を見に行ったきっかけはツイッターのつぶやきを見た事だったので、
やはりその熱意と行動力には驚きますよね。

 

そして、ツイッターがきっかけで見た燃焼実験を行った団体というのが、
堀江貴文さんが関わっていた「なつのロケット団」

就活ではロケット関連企業への就職を望むも叶わず、
大手光学メーカーへの就職が決まり入社直前の2013年3月29日、
刑務所から出所直後の堀江さんと初めて出会ったのでした。

堀江さんからの誘い

この時の堀江さんはすでにロケット開発のために
インターステラテクノロジズ株式会社を立ち上げていましたが、
まだ人手が足りなかったようです。

そこで白羽の矢が立ったのが稲川さんで、
「ロケットやりたいなら、うちでやればいいじゃん」と誘われ、
悩みながらもその誘いを受けたのでした。

いかがでしょうか?

3日後に別の会社に入社が決まっている人を誘う堀江さんもスゴイですが、
それを受けちゃう稲川さんもスゴイですよね^^;

稲川貴大さんの今

稲川さんの会社では今年の夏に「MOMO」というロケットを打ち上げる予定でした。

しかし、残念ながら燃焼実験で異常燃焼が起こってしまい、
現在は原因究明にあたっており、計画は延期となっているようです。

この辺の経緯はインターステラテクノロジズ株式会社の
公式Facebookやツイッターでも伝えられています。

⇒ Facebookはこちら

⇒ ツイッターはこちら

 

また「MOMO」のロケットエンジンの点火試験の様子がこちらのようです。

短い映像ですが、やはり迫力がありますね。

最後に

ロケットというと多額のコストがかかるイメージがありますが、
稲川さんの会社のようなベンチャー企業では従来の10分の1程度の
低コストで開発を行っているとして、今非常に注目されているようです。

そして、そういう会社のロケットが飛ぶようになれば、
僕らのような一般人でも宇宙旅行が可能になる時代がやってくるでしょう。

やはり生きているうちに、一度くらいは宇宙に行ってみたいですよね^^

そのためにも、稲川さんが今取り組んでいる「MOMO」の打ち上げ成功と、
今後の開発にも期待したいと思います。

 

PS. ちなみに、これは余談ですが、
インターステラテクノロジズ株式会社は北海道の大樹町にあり、
堀江貴文さんも住民票を大樹町に移しているようですよ!

宇宙開発で町おこしにも協力しているということで、
堀江さんのその辺の取り組みにも注目してみたいと思います^^

スポンサードリンク