原因・要因・理由の違いや使い方を分かりやすく解説!

原因・要因・理由の違いや使い方を分かりやすく解説!

原因要因理由

この3つの言葉はなんとなく似ているような感じがしますが、
その違いや使い方をよ~く考えてみると、ちょっと悩みますよね?

そこで今回は、原因・要因・理由の違いや使い方について
分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク



原因・要因・理由を辞典で調べてみると?

まずは「原因・要因・理由」の意味を調べてみました。

参考:goo国語辞書

原因とは?

ある物事や、ある状態・変化を引き起こすもとになること。また、その事柄。

要因とは?

物事がそうなった主要な原因。

理由とは?

物事がそうなった、また物事をそのように判断した根拠。わけ。子細 (しさい) 。事情。

原因・要因・理由の違い

いかがでしょうか?

ちょっと難しいですよね^^;

やはり一つ一つの言葉で考えると非常に分かりづらいので、
次からは比較をして考えてみたいと思います。

原因と要因の違い

これは要因の意味を考えて頂くと分かりやすくなりますが、
改めて要因の意味にはこのように書かれています。

物事がそうなった主要な原因。

例えば体重が増えてしまった原因が、
「運動不足、暴飲暴食、不規則な生活」の3つ考えられるとします。

そして、その中の一番大きな原因が「運動不足」なのであれば、
太った要因が「運動不足」となります。

 

つまり、いくつかある原因の中で、
そうなってしまった大きな原因が『要因』です。

ちなみに要因は原因の中の一つだけとは限りませんので、
もし「運動不足」と「暴飲暴食」の二つの占める割合が大きいなら、
要因はその二つということになります。

原因と理由の違い

①太ってしまった原因は運動不足

②太ってしまった理由は運動不足

これはどちらも決して間違った使い方ではありませんが、
厳密には①のほうが正しい使い方になります。

そしてもし太ったからダイエットをするのであれば、
「ダイエットをする理由は太ったから」となります。

つまり、何かの結果に対して「なぜか?」を返すのが原因で、
誰かが何かをすることに対して「なぜか?」を返すのが理由です。

要因と理由の違い

①太ってしまった要因は運動不足

②太ってしまった理由は運動不足

これは先の例と同じように①が正しい使い方で、
「ダイエットをする要因は太ったから」とは使いません。

スポンサードリンク



原因・要因・理由の分かりやすい使い分け方

いかがでしたでしょうか?

たぶんまだ微妙に分かりづらいですよね^^;

そこで次からは、辞書で調べた意味はとりあえず気にしないで、
「現実の社会ではどう使われているか?」について解説したいと思います。

原因の使い方

一般的に「原因」というのは、
何かマイナスな印象を与えることが起こった場合に使われています。

例えば「ダイエットが失敗した原因」とは言いますが、
「ダイエットが成功した原因」とは言いませんよね?

同じように「試合に負けた原因」とは言いますが、
「試合に勝った原因」とも言いません。

このように何かが上手くいかなかった場合や、
事件や事故などよくないことが起こった場合には「原因」が適切です。

要因の使い方

「要因」は、あまり日常会話では使いませんよね^^;

どちらかと言えば会議で何かを報告をするときや、
仕事上のレポートを書く場合など、ちょっと堅苦しい場面で使われることが多い言葉です。

他にはちょっとインテリチックな場面などですね。

例えば「弊社の株価上昇の要因として~が考えられます」のような感じです。

ただし、要因は良いことにも悪いことにも使ってもおかしくはないので、
逆に「弊社の株価下落の要因として~が考えられます」という使い方でもOKです。

理由の使い方

「理由」はわりとどんな場面でも使っても大丈夫だと思います。

先ほどは「太ってしまった理由は運動不足」という使い方を
厳密には違うとお伝えしましたが、別に変じゃないですよね?

他にも「試合に負けた理由」「試合に勝った理由」
「ダイエットが失敗した理由」「ダイエットが成功した理由」

このように「理由」は良いことにも悪いことにも使えますので、
とりあえず悩んだら「理由」を使っておけば間違いないと思いますよ。

最後に

いかがですか?

分かりやすかったでしょうか?

分かりやすかった場合は、
「分かりやすかった要因」「分かりやすかった理由」とは言いますが、
「分かりやすかった原因」と言うのはちょっと変ですよね。

しかし分かりづらかった場合は、「分かりづらかった要因」
「分かりづらかった理由」「分かりづらかった原因」
どれを使っても変ではありません。

まぁこの辺は国語の文法的には間違っている部分もあるとは思いますが、
一般的には通じると思いますので、参考にして頂けると幸いです。

スポンサードリンク