逸ノ城の現在は?11月場所は台風の目になるかも!?

逸ノ城の現在は?11月場所は台風の目になるかも!?

2年前の9月場所で1横綱2大関を破る衝撃的な幕内デビューを果たした逸ノ城

「そういえば最近名前を聞かないな?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、11月13日から九州国際センターで始まる11月場所では、
もしかすると逸ノ城が2年前の再現で台風の目となるかもしれません。

スポンサードリンク



逸ノ城の近況や現在について

先場所(9月場所)の成績は?

9月に東京両国国技館で行われた秋場所では、実は逸ノ城は全休しています。

各地を回る夏の巡業中に腰に激痛が走り、
まともに歩く事もできず、椎間板ヘルニアで入院していたのでした。

逸ノ城の現在は?

そして、25日間の入院生活を送っていた逸ノ城には大きな変化がありました。

大幅に減量していたのです。

けが前には212キロあった体重が、なんと187キロにまで減ったのでした。

 

力士にとっての減量は、必ずしも喜べることではありません。

中には太りたいのに、いくら食べても太れない力士の方もいますからね。

しかし、明らかに太り過ぎだった逸ノ城には好材料で、
「身体が軽くて動きもいい」と、本人も喜んでいるようです。

また、今の体重は2年前に快進撃を見せた時とほぼ一緒の体重になっています。

スポンサードリンク



11月場所の逸ノ城の番付

11月場所の逸ノ城の番付は西前頭13枚目となっており、
幕内に上がってからは一番低い地位となりました。

もちろん、上位にいた力士が番付を下げたからと言って
簡単に勝てるほど相撲の世界は甘くはありません。

しかし、逸ノ城は東前頭10枚目だった2年前の9月場所は13勝2敗、
東前頭11枚目だった今年の3月場所では11勝4敗と、
2桁の番付ではいずれも2桁の勝ち星を挙げています。

ですから、今度の11月場所でも逸ノ城が2桁以上の勝ち星を挙げる可能性は
十分考えられると言えるでしょう。

最後に

今年の11月場所は大関・豪栄道の綱取り、
そして関脇・高安の大関昇進が目玉の話題になっています。

2人の力士にはぜひ最後まで優勝争いに絡んで場所を盛り上げて欲しいですが、
復帰する先場所全休した横綱・白鵬が大きな壁となって立ちはだかることでしょう。

そして、今回ご紹介した逸ノ城も番付こそ13枚目にはなっていますが、
連勝して優勝争いに絡んでくれば、豪栄道や高安との対戦が組まれることも予想されます。

秋田出身力士の活躍にも期待しつつ、今年最後の11月場所を楽しみたいと思います!

九州場所の日程や注目力士については、こちらの記事をチェックしてみて下さいね!!

⇒大相撲九州場所【2016】の日程・番付・注目力士をまとめて紹介!

スポンサードリンク