都道府県魅力度ランキング2015発表!秋田県の順位は?

204.都道府県魅力度ランキング2015発表!秋田県の順位は?

今回で10回目を迎える、2015年の都道府県魅力度ランキングが先日発表されました。

そこで今回は、都道府県魅力度ランキングについてと、
秋田県の順位について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



都道府県魅力度ランキング

都道府県魅力度ランキングとは?

都道府県魅力度ランキングは、2005年に設立された株式会社ブランド総合研究所
実施している調査で、地域ブランド調査の一環として行われています。

調査方法としては、地域のブランド力や魅力を観光・居住・産品などの他、
出身都道府県に対する愛着度や自慢度などの項目も設定しており、
その魅力を数値化してランキングにしているそうです。

また、調査自体はネットを使って、日本の縮図となるように
男女別・年代別・地域別に割合・分布を合わせて集計しているようなので、
特定の地域が有利になるということもないようです。

2015年の秋田県の順位は?

そして、秋田県の2015年の順位ですが、なんと23位です。

いかがでしょうか?

なかなか微妙な順位だとは思いますが(笑)
全国で真ん中くらいに位置しているというのは、個人的には大健闘だと思います。

なぜなら、国内では最も少子高齢化が進んでいる県と言われていますし、
雪も降って利便性も良いとは言えず、観光資源も他都道府県よりも少ないはずですからね。

もちろん僕自身は秋田県民であるがゆえの愛着があって、秋田県のことは好きですが、
全国的にもそこそこ評価を得ているというのは、純粋に嬉しく思います。

スポンサードリンク



過去の秋田県のランキングは?

地域ブランド調査のホームページからは、
一応過去のランキングもいくつか確認できるようになっています。

遡ってみると、2014年は20位、2013年は22位、2012年は16位、2011年は18位、
2010年は20位、2009年は20位となっており、2008~2006年は確認できなかったものの、
毎年平均して20位前後をキープしており、むしろ今年はちょっと下がった感じです。

しかし「上位を狙っていく!」とガツガツするのも、
秋田県の控えめなイメージが消え、逆効果になってしまいそうな気もしますので、
この辺をキープできれば十分というスタンスで良いのかもしれませんね。

他都道府県のランキング(抜粋)

他の都道府県の順位を見てみると、北海道が1位となっており、
過去のランキングを見てみても、ずっと1位をキープしているようです。

僕はまだ行ったことが無いので、いずれ行ってみたいなと思っています。

東北地方で一番順位が高かったのが宮城県で18位となっており、
もっと上位にいそうなイメージなので、ちょっと意外でした。

また、山形県が22位、岩手県が23位(秋田と同点)、青森県が25位となっており、
秋田県が23位だったので、22~25位まで東北が並んでいます。

ちなみに福島県は、前年の29位から大きく順位を下げて、今年は42位のようです。

市町村魅力度ランキング

また、この都道府県魅力度ランキングと合わせて、
市町村の魅力度も調査が行われて、ランキングが発表されています。

ただし、国内の全市町村ではなく、全790市に東京23区を加え、
さらに地域ブランドへの取り組みに熱心な187の町村を加えた合計1000の市町村ということで、
秋田県からは13の市と、美郷町・羽後町を加えた15市町村のみが対象になったようです。

そしてTOP100が発表されていましたが、1位が函館市、2位が札幌市ということで、
ここでも北海道が強く、TOP10に4つも市がランクインしています。

そして我らが秋田県からは、残念ながらTOP100に入った市町村はありませんでした。

東北地方では、20位の仙台市がトップで、続いて50位の会津若松市、
63位の盛岡市、72位の弘前市、95位の十和田市、96位の米沢市となっており、
なんと秋田県以外は全部どこかの市がランクインしています。

さすがに、これはちょっと悔しい気がしますので、
また来年どこかがランクインしてくれることを期待したいと思います。

ちなみに、2015年の都道府県魅力度ランキング、及び市町村魅力度ランキングは、
こちらのページから確認できますので、興味のある方は、
自分の出身地のランキングを確認してみてはいかがでしょうか?
>>地域ブランド調査2015のページへ

スポンサードリンク