トクホの種類や効果について!そもそもトクホって何?

トクホの種類や効果について!そもそもトクホって何?

10月9日は「トクホ」と読む語呂合わせで、トクホの日推進委員会が制定した『トクホの日』です。トクホはCMではよく見ますが、実際はどんなものなのか分かりづらいですよね?

今回はトクホ(特定保健用食品)の定義・種類・効果について解説していきます。

スポンサードリンク

トクホ(特定保健用食品)って何?

トクホ(特定保健用食品)が普通の食品と異なる点は「身体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含んでいる食品」であるということです。

つまり、栄養分の吸収や排泄・高血圧の予防・虫歯予防など、僕たちの身体の機能を正常に保ったり、整えたりすることに役立つ成分が含まれている食品です。

ただし、単にその成分を含んでいるだけでなく、製品ごとに食品の有効性や安全性の審査を受けて、消費者庁が許可をした食品のみが「許可マーク」を付けることを認められています。

トクホ(特定保健用食品)の種類

トクホ(特定保健用食品)は、使われている成分などの違いによって、このような種類に分けられています。

特定保健用食品(規格基準型)

規格基準型は、すでに特定保健食品としての許可実績が十分にあって科学的根拠が蓄積されている成分を使った特定保健用食品です。

規格基準型の場合は、消費者委員会による個別審査は行われずに、事務局で規格基準に適合しているか否かの審査で許可が行われています。

特定保健用食品(疾病リスク低減表示)

疾病リスク低減表示は、含まれている成分が栄養学的・医学的に疾病リスク低減効果が認められている場合のみ、表示が許可されています。

条件付き特定保健用食品

条件付き特定保健用食品は、その有効性の科学的根拠が特定保健用食品の審査レベルには届かないものの、一定の有効性が確認されている食品に対して許可されています。

この食品には通常の許可マークに『条件付き』の文字が加えられており「◯◯を含んでおり、根拠は必ずしも確立されていませんが、△△に適している可能性がある食品です。」のような表示がされています。

スポンサードリンク

トクホ(特定保健用食品)の効果とは?

ここではトクホ(特定保健用食品)に表示されている効果ともに、例として有名な食品名と含まれている成分を紹介していきます。

【お腹の調子を整える】
例:ヤクルト(乳酸菌シロタ株)

【コレステロールが高めの方に適する】
例:健康サララ(植物ステロール)

【食後の血糖値の上昇を緩やかにする】
例:からだすこやか茶W(難消化性デキストリン)

【血圧が高めの方に適する】
例:アミールS/毎朝野菜(ラクトトリペプチド)

【歯の健康維持に役立つ】
例:キシリトール・ガム(キシリトール)

【食後の血中中性脂肪が上昇しにくい】
例:ヘルシア緑茶(茶カテキン)

【骨の健康維持に役立つ】
例:ほね元気(ビタミンK2)

まとめ

特定保健用食品(トクホ)と一口に言っても、その食品に含まれる成分や期待できる効果は様々です。また、実際には数100以上ものトクホ食品がありますので、普段摂取している食品が実はトクホだったということもあるかもしれませんね。

ただし、トクホはあくまでもバランスの取れた食事の中で摂取することが重要で、過剰摂取してしまうと逆に身体の調子を崩してしまう可能性もあります。もちろん薬ではありませんので、摂取していれば「病気にならない・病気が治る」というものでもありません。

特に現在治療中の方は薬との相性などもありますので、摂取する前は担当医に相談してくださいね。

スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ