食欲の秋と呼ばれる理由!なぜ秋になると食欲が増すのか?

食欲の秋と呼ばれる理由!なぜ秋になると食欲が増すのか?

秋と言えば「食欲の秋」と言われますが、不思議なもので、確かに秋になると食欲が増してきますよね。しかし、なぜ秋になると食欲が増すのでしょうか?

今回は秋になると食欲が増す理由について解説していきます。

スポンサードリンク

秋になると食欲が増す理由

セロトニンの分泌が減る

秋になると、一気に日が短くなりますよね?日照時間が短くなって日を浴びる時間が短くなると、僕たちの身体の中ではセロトニンと呼ばれる物質の分泌量が減ってしまいます。

セロトニンは体内で重要な役割を果たしている神経物質ですが、糖質・乳製品・肉類などを摂取することでも分泌量を増やせます。ですから、秋になると食欲が増すのは、日照時間が短くなってセロトニンが不足したことによる、僕たちの身体からのサインとも考えられるのです。

ちなみにセロトニンの分泌量は睡眠によっても増えますので、秋になるとなぜか眠くなるという方は、それも身体のサインかもしれませんよ。

基礎代謝が増える

秋になると日照時間が短くなるだけでなく、気温も下がって寒くなってきます。そして、寒くなってくると、体温を維持しようとして基礎代謝量が増えるのです。

つまり、寒くなるほど身体はエネルギーを必要して食欲が増すということで、これも身体からのサインと考えられます。

ちなみにダイエットと言えば夏のイメージがありますが、寒いほうが基礎代謝が増えますので、実は寒い冬のほうがダイエットに適しています。

スポンサードリンク

夏バテが解消される

食欲が増す秋とは対照的に、夏は暑さでバテて食欲が減りますよね。暑い夏場は、食べることよりもアイスやジュースを身体が欲します。

ですから、夏バテが解消されると食欲も戻りますので、それが食欲が増したように感じる理由にもなるでしょう。

実りの秋

秋と言えば「食欲の秋」以外にも「実りの秋」とも言われます。

秋以外の季節でも旬を迎える農作物はたくさんありますが、やはり僕たち日本人は昔からお米を主食としてきましたので、新米が食べられる『秋』という季節は、やはり特別なのでしょう。

そして、秋は各地で収穫祭や食のイベントが開催されています。「実りの秋」「収穫祭」なんて盛り上がっていると、自然に食欲が増してくるのも当然かもしれませんね。

まとめ

秋になると食欲が増す理由として、この4つが考えられます。

  • 日照時間が短くなり、セロトニンの分泌が減る
  • 気温の低下で基礎代謝が増える
  • 涼しくなってきて夏バテが解消される
  • 実りの秋だから

ちなみに、セロトニンの分泌量は運動でも増やせると言われています。

秋は涼しくなって身体を動かしやすい季節でもありますので、『食欲の秋』だけではなく、『スポーツの秋』も意識して健康な体を作っていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ