9月29日はクリーニングの日!良いクリーニング店の見分け方とは?

187.9月29日はクリーニングの日!良いクリーニング店の見分け方とは?

9月29日は、「ク(9)リーニ(2)ング(9)」の語呂合せで、
1982年に全国クリーニング環境衛生同業組合連合会が制定した
クリーニングの日”になっています。

クリーニングと言えば、特に季節の変わり目などにはお世話になる事も多いので、
信頼できる良いお店を見つけたいという方も多いと思います。

そこで今回は、良いクリーニング店の見分け方について書いていこうと思います。

スポンサードリンク



個人店とチェーン店 どちらを選ぶべき?

クリーニング店の中には、昔ながらの個人店もあれば、
チェーン展開しているお店もありますが、ここで悩む方も多いと思います。

そこでまずは、個人店とチェーン店の、
メリット・デメリットについて書いていこうと思います。

個人店のメリット・デメリット

個人店の場合は、家族経営であることが多いので、作業を行う店主本人、
もしくは奥さんなどが受付をしてくれることが最大のメリットと言えるでしょう。

クリーニングに限らず、他人に何かをお願いする時には、間に人を挟むよりも、
直接やってくれる方に相談した方が良いのは言うまでもありませんよね?

だからこそ、マニュアルのあるチェーン店ではできない事や断わられた事なども、
臨機応変に相談できることもあると思います。

逆にデメリットとしては、そのマニュアルがないことです。

本人やそのお店にとってのマニュアルはあるかもしれませんが、
それを外部と比較した場合、どの程度なのかは本人にも分からないでしょう。

つまり、ざっくり言うと、上手い下手が運になってしまうということになります。

もちろんクリーニング業を営むためには資格が必要なので、
どこのお店も最低限のことはやってくれるとは思いますが、
洋服に対する知識や、クリーニングの技術についても、
本人のやる気がなければ、いつまで経っても昔のままということも考えられます。

チェーン店のメリット・デメリット

チェーン店の場合は、お店は受付をするところで、作業は集めて一か所で行うため、
上手い下手が運頼りになることは少ないことがメリットになります。

また、どんなチェーン店もいきなりチェーン店だったわけではなく、
それなりに技術があって、お客さんの評判を得られたからこそ業務を拡大して
チェーン展開していったと考えることができますので、
業務がマニュアル化とは言っても、元からの技術水準は高いと言えるでしょう。

ただし、やはり組織が大きいほど、個人店のようなクリーニング職人のような
細かい対応はできなくなってしまい、パートやアルバイトの方もいますので、
長年の知識と言う部分では、個人店には敵わないだろうと思います。

結局どちらを選ぶべき?

このように考えると、個人店のほうが技術の高い場合もありますが、
そこは当たりハズレもあって、チェーン店のほうが無難かもしれません。

なので、明確にどちらが良いかの判断は難しいので、
「個人店だから」「チェーン店だから」ダメ・良いということにはなりません。

そこで次からは、自分で良いクリーニング店を見分ける方法
について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



自分で良いクリーニング店を見分ける方法

近所の人に聞いてみる

近所にクリーニング店がいくつかあった場合には、
近所に住んでいる方の意見が非常に参考になるはずです。

また、チェーン店などであれば、ネットでも口コミが確認できると思いますが、
顧客満足100%というのはあり得ませんので、ネット上では、
どんなに素晴らしいお店でも悪い意見は書かれていると思って下さい。

だからこそ、色々と気にしてしまう人は、そんな事を言っていると
頼めるお店が無くなりますので、逆に見ないほうが良いかもしれません。

近所の方であれば、その方の性格や人柄も大体分かると思いますので、
その辺も合わせた上で参考にしてみるのが良いと思います。

また、繁盛しているようであれば、それだけ近所の方に支持されている証なので、
その辺も参考にしてみることができるでしょう。

説明が親切で、洋服を丁寧に扱ってくれる

次に、自分で持って行った時の受付の方の対応についてですが、
これはもちろん説明が親切で、洋服を丁寧に扱ってくれる所のほうが良いです。

こちらの質問に対してあやふやな答えだったり、
はっきりしない場合には、頼んだ後に後悔しても遅いですからね。

また、お客さんから預かった洋服を投げるように扱ったり、
洋服を入れた籠を足でよけたりするような所は論外です。

客前でそんな扱いをしているなら、
裏ではどんな扱いをしているのか分かったものではありませんからね。

安物で試してみる

そして、なんだかんだで仕上がりが一番になりますので、
実際に頼む際には、最初の内はなるべく安物で試してみることです。

また、頼むのも1回ではなく、数回に分けてみて、
白物、柄物、ドライと色々な物を頼んでみるのが良いでしょう。

何度か頼んでいく事で、受付の方と接する機会も増えますので、
より色んな面から判断できるようになると思います。

そして、その上で信頼できる所を見つけてから、比較的高価な洋服や
季節物を頼んでみるのが良いと思いますよ。

まとめ

このように良いクリーニング店を見分けるには、
個人店かチェーン店かよりも、近所の評判や、
実際に自分で頼んでみてからでないと、なかなか判断は難しいものです。

常に頼んでいるわけではなく、いざという時だけ頼む方も多いと思いますが、
そのいざという時に後悔しないためにも、
早めに自分が納得できるお店を探してみて下さいね。

スポンサードリンク