9月第3月曜日 敬老の日の由来とは?いつから祝う?

170.9月第3月曜日 敬老の日の由来とは?いつから祝う?

9月第3月曜日(2015年9月21日)は”敬老の日”です。

今回は、敬老の日の由来と祝い始めるタイミングについて書いていこうと思います。

スポンサードリンク



敬老の日の由来と歴史

始まりは兵庫県から

敬老の日の始まりは、1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現・多可町)の
門脇政夫村長と山本明助役が提唱した「としよりの日」です。

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、
農業も一段落し気候も良い時期として、9月15日に定め、
当時から敬老会を開いていたと言われています。

全国へ広がり、政府が動いた

また、1950年頃には兵庫県内全体でも敬老会が開かれるようになり、
その後全国的に広まっていったようです。

1964年には「としより」という表現があまり良くないという理由で
「老人の日」へと改称し、翌年にはそれまでの政府へ働きかけにより、
国民の祝日「敬老の日」が9月15日に制定されました。

ハッピーマンデー制度の施行

しかし、2001年の祝日改正法に伴うハッピーマンデー制度によって、
敬老の日は9月15日ではなく、9月の第3月曜日に変更となってしまいます。

敬老の日の適用は2003年からでしたが、偶然この年の9月第3月曜日が
15日であったため、実質的には2004年から敬老の日が変更となりました。

老人の日の制定

しかし、このハッピーマンデー制度による敬老の日の変更には、
提唱者から遺憾の意が表明され、高齢者団体からも反発が相次ぎました。

そこで政府は2001年に老人福祉法を改正し、
9月15日を老人の日と制定し、その日から1週間を老人週間と決めました。

つまり現在は、
・9月15日は老人の日
・9月15~21日は老人週間
・9月第3月曜日は敬老の日(祝日)
となっているということになりますね。

スポンサードリンク



いつからお祝いする?

敬老の日と言えば、プレゼントをどうするか?と悩む方が多いと思いますが、
祝うのはたいてい自分の親に対して、僕たちの世代が行う事になりますので、
いつのタイミングで始めたら良いのか分からないという方も多いと思います。

そこで、敬老の日を祝い始めるタイミングについて考えてみたいと思います。

孫が生まれたら

自分に子供(親にとっての孫)が生まれてからは、一つの節目になるでしょう。

生まれてすぐはやりづらいという方は、
孫が保育園・幼稚園に入園したタイミングが良いと思います。

多くの保育園などで、「おじいちゃん・おばあちゃんの似顔絵を描きましょう」とか、
「メッセージカードを作りましょう」といったことを行うはずなので、
それに合わせて何か贈り物を用意しておくのが自然ですね。

その後も、孫を巻き込んで行えば、恥ずかしさはあまり感じずに済むと思います。

還暦

自分の子供が生まれた時や入園した時のタイミングを逃したという方は、
還暦、つまり60歳になった年が一つのタイミングになると思います。

ただし、中には「自分はまだそんな年じゃない」と怒りそうな親もいますので、
独身で子供のいない方は、無理に行う必要はないと思います。

退職したら

退職のタイミングもやりやすそうですね。

ただし、これも最近は早期退職制度などを利用して、
60歳前に退職する方も多いので、ケースバイケースになります。

70歳 古希

70歳になると、古希のお祝いをします。

これまで、孫が生まれたタイミング・還暦・退職と書いてきましたが、
この全てのタイミングを逃してきたら、ここが良い節目になるでしょう。

ただし、独身の方は「それよりも早く孫の顔を見せてくれ」と言われそうなので、
母の日・父の日を祝ってあげていれば、無理に祝う必要はないのでは?
というのが個人的な考えです。

どのタイミングがベストか?

ちなみに僕もまだ独身なので、僕が結婚して子供ができる前に、
親が70歳になろうと、80歳になろうと、敬老の日を祝うつもりはありません。

一応、誕生日・母の日・父の日を祝っているので十分かなと思っています。

また、親も自分の子供には「おじいちゃん・おばあちゃん」
扱いはされたくないだろうとも思っています。

このように考えると、やはり自分に子供が生まれて、
保育園や幼稚園に入ったタイミングが最もやりやすそうですね。

親がまだ若いうちに自分に子供が生まれてやりづらいという方は、
とりあえず孫の保育園・幼稚園・学校の行事だけに任せておいて、
還暦や退職のタイミングで行うのも良いと思いますよ。

スポンサードリンク