9月20日は空の日!空港でイベントはある?

168.9月20日は空の日!空港でイベントはある?

9月20日は、1992年に運輸省(現・国土交通省)航空局が制定した”空の日”です。

そこで今回は、空の日の由来やイベントを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



空の日の由来

元々「空の日」は、1940年に制定された「航空の日」が始まりで、
その年のみ9月28日に行われ、翌年には関係者の協議で9月20日になったようです。

そして「航空の日」の由来は、1910年に日野熊蔵・徳川好敏の両陸軍大尉が、
代々木練兵場で国内初の動力飛行を披露してから30年目の節目であったそうです。

また別の記述によると、山田猪三郎が開発した山田式飛行船が東京上空を
一時間にわたり初飛行で成功したことに由来しているという説もあるようです。

さらに日付に関しても、はっきりしておらず、
単に9月20日が晴れの特異日だったからとも言われています。

まぁいずれにしても、国内の航空業界にとっては、
その後の発展への大きな第一歩であったことに違いはないようですね。

そして、1992年にそれまで「航空の日」であった9月20日を、
運輸省(現・国土交通省)航空局が「空の日」に改称したということになります。

秋田県内の空港で行われるイベント

空の日にちなんだイベントは全国各地で行われるようですが、
今回はまず、秋田県内の2つの空港で行われるイベントを紹介したいと思います。

大館能代空港スカイフェスタ2015

「大館能代空港スカイフェスタ2015」は9月13日に行われ、
残念ながらすでに終了となっているようです。

調べてみると、「大館能代空港スカイフェスタ」は
例年9月の第1日曜、または第2日曜に行われることが多いようですね。

また毎年目玉企画として熱気球の体験搭乗が行われているようですが、
今年は悪天候のため中止となってしまっていたようです。

楽しみにしていた方も多かったと思いますので、本当に残念ですね。

来年以降も開催されるのかは不明ですが、
体験搭乗には事前の申し込みが必要になるようなので、
乗ってみたいという方は、来年は早めにチェックしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに僕も小学生時代に一度だけ熱気球に体験搭乗したことがあり、
正直凄くビビっていましたが、非常に感動したのを覚えています。

熱気球に乗るというのは、そうそう無いことなので、
きっとお子さんにとっても良い思い出になると思いますよ。

スポンサードリンク



秋田空港「空の日」祭り2015

『秋田空港「空の日」祭り2015』は9月20日ではなく、
翌週の9月27日(日)10:00~15:00に行われるようです。

「空港バックヤードツアー」「飛行機を見よう」「パイロット訓練見学会」は、
事前にはがきによる応募が必要で、残念ながらもう締め切られています。

しかし、「こども制服試着会」「こども航空教室」「空港バスツアー」など、
当日の先着順で参加できるイベントもあるようです。

また、当日は航空自衛隊秋田分屯基地の「航空祭」もあわせて開催され、
普段はなかなか入る機会の無い、基地内の見学もできるようです。

【詳細はこちらのページをご覧ください】
>>秋田空港のホームページへ

9月20日にイベントが行われる空港は?

今回、秋田県内の空港のイベントを調べてみて、
空の日の当日にイベントが行われていないのが意外に感じたんですが、
『「空の日」・「空の旬間」実行委員会』が運営している「空の日ネット」を
見てみると、なんと当日にイベントを行っている空港は全く無いようです。

9月19日開催という所はあったようですが20日はなく、
前週の12・13日、もしくは翌週の26・27日という所が多く、
中には10月・11月に開催される空港もあります。

偶然なのか、それとも何か大人の事情があったんでしょうか…。

しかし、翌週以降に開催される空港のイベントであれば、
今から予定も立てられますので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

普段とは違った雰囲気の空港も、きっと楽しめると思いますよ。

【全国各地の空の日のイベント情報はこちらから確認できます】
>>空の日ネットへ

スポンサードリンク