9月11日は警察相談の日!由来と相談内容とは?

150.9月11日は警察相談の日!由来と相談内容とは?

9月11日は1999年に警察庁が制定した”警察相談の日”になっています。

そこで今度は、警察相談の日が制定された由来と、
その相談内容について書いていこうと思います。

スポンサードリンク



警察相談の日が9月11日に制定された由来

警察に電話と言えば”110”が思い浮かぶ方が多いと思いますが、
実は緊急を要しない生活の安全に関する不安や悩みは
全国統一で”#9110“で相談することが可能となっています。

そして、このようにわざわざ”#9110”を設けて、
”110”とは別にしたのにはもちろん理由があります。

”110”には毎日たくさんの電話がかかってきており、
年間約900万件で、数秒に1回の割合になっていると言われています。

しかし、そんな中でかかってくる電話の約4分の1が緊急を要しない内容で、
このような電話に”110”の隊員が対応していると、
本当に緊急で対応するべき事件や事故への対応が遅れてしまうことがあるのです。

なので、緊急を要しない相談事は”#9110”へかけてもらうよう、
そしてその認知度を広めるためにも、語呂合わせで
9月11日が”警察相談の日”として制定されたのです。

警察相談に寄せられる相談内容

警察相談に寄せられる相談内容は主に以下の7つに分けられているようです。

・犯罪などによる被害の防止(迷惑電話、痴漢、変質者の出没など)

・家庭、職場、近隣関係(対人関係、家庭不和、離婚、離縁など)

・契約、取引関係(金銭や物品の貸借、売買、保険契約など)

・迷惑行為(放置車両、ペット問題など)

・ハイテク関係(詐欺、悪質商法などの被害、迷惑メールなど)

・悪質商法(金融関係取引、特定商取引など)

・生活安全、その他(DV、少年問題、応急救護、保護など)

いかがでしょうか?
意外とこんなことまで相談しているんだな~という印象を受ける方も多いと思います。

そして、警察はこれらの相談に対して、指導・警告・説得・検挙・補導のほか、
助言や他機関の紹介といった形で対応を行っているようです。

ちなみに、この警察相談専用電話の受付時間は平日8:30~17:15(各県警で異なる)で、
土日・祝日や時間外は、当直または留守番電話で対応を行っています。

我々一般人としても、「これは110番するほどのことじゃないかも?」と
思うような困り事に悩まされる場合もあるので、
このような相談専用電話があるのは非常に助かりますね。

これをきっかけに、何か緊急でない要件があった場合には
#9110”があるということを覚えておいて頂ければと思います。

スポンサードリンク



海外ではこんな風に使い分けられている

もちろんですが、今回の”110”と”#9110”は日本国内の事であって、
海外では番号自体も違えば、使い分けも異なります。

例えば、ブラジルでは警察が”190”、救急が”192”、消防が”193”で、
他にも”19◯”番の専用ダイヤルの種類がいくつかあるようです。

日本では、警察が”110”、救急・消防が”119”、海の事故・事件が”118”で、
ちょっと面倒ですが、ブラジルに比べるとまだマシかもしれませんね。

また、アメリカカナダでは、警察・救急・消防の全てが”911”で、
緊急を要しない要件は、一部地域で”311”になっているようです。

これは非常に分かりやすくて便利ですが、地方の一部では”911”サービスすら
不十分な地域もあるということで、ちょっと不安な面もありますね。

またヨーロッパの国々では、一つの機関に対して複数の番号が用意されている
国も多いようで、これは非常にややこしい気もします。

いずれにしても、海外に在住する際はもちろんですが、海外旅行に行く際も、
あらかじめこういった海外の緊急ダイヤルを確認しておくのは大事だと思いますよ。

救急相談専用電話も設置してほしい

個人的に今回の”警察相談専用電話”の件で思ったのが、
救急相談専用電話”も、ぜひ全国統一で設置してほしいということです。

実は”#8000”というのがあるのですが、
これは小児救急電話相談のみになっているんですよね。

大人に関しては全国統一というのがないようで、
都道府県によっては設置している所もあるというのが現状です。

確かに親の立場としては、子供が心配なので、
なんでもかんでも救急車を呼んでしまうことがありますので、
それを防止するためにも、専用電話を設けているとも考えられます。

しかし、大人でも相談したい時ってありますよね?

実際に、以前近所に住んでいる方が、奥さんの具合が悪くなって、
わざわざ僕の自宅に、僕の父親に相談しに来たことがありました。

ちなみに僕の父親は医療関係の知識は皆無の普通の農家です。

結局「聞きに来るくらいなら早く呼べ」ということで救急車を呼んで、
その奥さんも大事には至りませんでしたが、
実は相談したくても相談できないでいる方は非常に多いと思います。

逆に、タクシー代わりに救急車を利用する方がいることが、
一時期問題になった時期もありました。

そういった観点からも、ぜひ救急のほうでも、
大人でも相談できる”相談専用電話”を全国統一で設置してほしいと願っています。

最後に 間違えて110番に電話してしまったら?

ちょっと話が反れましたが、最後に警察相談専用電話の話に戻したいと思います。

警察相談専用電話が”#9110”だと覚えていても、
いざかける時になったら、テンパって”110”にかけたり、
もしくは”119”にかけようとして”110”にかけてしまう事もあると思います。

しかし、もし万が一間違えて電話してしまった場合は、
何も言わずに切ってしまうのではなく、
しっかりと間違えてしまったことを伝えてから切るようにしましょう。

なぜなら”110”ではNTTと特別な体制を整えて、
急に電話が切れても、かけ直すことができるようにしているからです。

これは本当の事件の場合、犯人に切られてしまうことなどを想定しているためで、
こちらが何も言わずに切ってしまうと、警察官がそれに何度もかけ直したり、
場合によっては現場に向かう等、非常に手間をかけてしまうことになります。

なので、間違えて”110”にかけてしまうのは迷惑ではありますが、
何も言わずに切ってしまうのは、もっと迷惑になってしまいますので、
もし間違ってしまったら、「相談専用電話と間違えました」
「救急と間違えました」等、間違えた旨を伝えた上で切るようにして下さいね。

スポンサードリンク