横手市の観光・特産品・イベント情報【かまくらとやきそばの街】

横手市の観光・特産品・イベント情報【かまくらとやきそばの街】

横手市(よこてし)は秋田県の南東部に位置しています。2005年に旧横手市・増田町・平鹿町・雄物川町・大森町・十文字町・山内村・大雄村が合併して発足しました。

今回は横手市の観光・特産品・イベント・お祭り情報などをまとめていきます。

スポンサードリンク

横手市出身の有名人

矢口高雄

漫画「釣りキチ三平」の作者である矢口高雄さんは、雄勝郡西成瀬村(現・横手市増田町)出身です。

矢口さんが漫画家としてデビューしたのは30歳の時と比較的遅く、羽後銀行(現・北都銀行)で銀行員として働いていたという意外な経歴を持っています。

壇蜜

タレント・女優として数多くのテレビ番組・ドラマ・映画・ラジオ等で活躍している壇蜜さんは横手市出身ですが、幼少期に東京へ引っ越しています。

壇蜜さんは芸能界に入る前、大学時代に英語の教員免許を取得しており、専門学校では調理師免許を取得して和菓子工場で働くなど様々な経歴を持っています。

高橋優

「明日はきっといい日になる」などのヒット曲で知られている高橋優さんも横手市出身です。

高橋さんは高校卒業後に札幌学院大学へと進学して大学在学中からストリートライブなどの活動を行っていました。卒業後には映画館のアルバイトなども経験したのち、2007年にスカウトされて2010年にメジャーデビューを果たしています。

宇佐美大輔

全日本男子バレー元代表で主将も務めた経験のある宇佐美大輔さんは横手市雄物川町出身です。宇佐美さんは雄物川高校卒業後に東海大学へと進学し、大学在学中の2001年に全日本代表に初選出されました。

2012-13シーズンを持って現役を引退して帰郷し、母校である雄物川高校で教員を務めながら、同校バレー部監督として後進の指導にあたっています。

横手市の特産品

横手焼きそば

『横手焼きそば』は日本三大やきそばの一つに数えられています。茹でたストレート麺を甘口のウスターソースで味付けし、トッピングで目玉焼きと福神漬が乗せられているのが特徴です。

「B-1グランプリ」で優勝1回、準優勝1回獲得しており、全国的にも横手と言えば「横手やきそば」と言われるほど知名度を上げました。
⇒ 横手やきそばの特徴と発祥のルーツ!福神漬が付くのはなぜ?

十文字ラーメン

『十文字ラーメン』は横手市十文字地域発祥のラーメンです。煮干しや鰹節で出汁をとったあっさりとした醤油味で、かんすいを全く使わない独特の食感をもつ細い縮れ麺が特徴です。

横手やきそばと並んで、地元の味として古くから十文字を中心に横手市周辺で親しまれています。

ホップ

横手市大雄地域は国内屈指のホップ産地として知られています。

キリンから発売されている「一番搾りプレミアム」には、大雄産の『かいこがね』の第一等品ホップが贅沢に使用されています。

りんご

横手市平鹿地域・増田地域は県内トップクラスのりんごの産地です。

『平鹿りんご』の旬は10月~11月ですが、このりんごを使ったりんごジュースはお土産としても人気の商品です。

スイカ

横手市雄物川地域は県内屈指のスイカの産地として知られています。

特に秋田県のオリジナル品種である『あきた夏丸』の栽培が盛んに行われています。
⇒ 秋田のスイカは全国第何位?おすすめの品種は?

いものこ

いものこは横手市山内地域の特産品です。

例年9月中旬には『いものこまつりin鶴ヶ池』が開催されて「いものこ汁」などが振る舞われます。

スポンサードリンク

横手市の観光スポット

増田伝統的建造物群保存地区

増田地域はかつて流通・商業の拠点として繁栄し、当時の商家の街並みが残る『増田伝統的建造物群保存地区』は、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。

増田は「蔵の町」と呼ばれていますが、建物の外観から見えるのは数軒のみで、その多くは商家の奥に豪華な「内蔵」が隠されているのが特徴的です。

秋田ふるさと村

『秋田ふるさと村』は県立のテーマパークで、敷地内には、秋田県立近代美術館・プラネタリウム・ドーム劇場・ワンダーキャッスルなどがあります。

イベント会場として使われることも多いですが、有料施設以外は入村無料です。

横手公園

横手公園は秋田県内最大級の規模を誇る都市公園です。

公園のシンボルである横手城があるほか、子どもたちに人気の蒸気機関車も置かれています。また、園内には多くの桜が植えられており、桜の名所としても知られています。

横手市増田まんが美術館

『増田まんが美術館』は全国初の「まんが」の美術館で、1995年に同町出身の矢口高雄さんの功績を称えて開館しました。

館内では矢口さんのフィールドワークを紹介するとともに、マンガ文化の歴史や国内外の著名な漫画家の原画を展示しており、マンガ単行本や週刊漫画誌を楽しむこともできます。

横手市の祭り・イベント

横手のかまくら

『横手のかまくら』は400年以上の歴史があると言われており、例年2月15・16日に行われている小正月行事です。

毎年多くの観光客が訪れ、子どもたちが「はいってたんせ」「おがんでたんせ」と言いながら甘酒やお菓子を振る舞います。

あきた十文字映画祭

『あきた十文字映画祭』は例年2月上旬から中旬に行われています。1991年に始まった当初は有志による手作りの映画祭でしたが、現在では全国規模のイベントへと成長しました。

また、俳優の永島敏行さんはこの映画祭に参加したことがきっかけで、十文字町で初めて米作りを経験しました。現在では「有限会社青空市場」の代表を務め、「永島敏行の農業バンザイ!すごいぞ秋田の農業」という冠番組が月一で秋田テレビで放送されています。

よこての全国線香花火大会

『よこての全国線香花火大会』は例年7月中旬に開催されています。

打ち上げ花火ではなく全国的にも珍しい線香花火の大会で、見物客の持つ線香花火に火が灯され、幻想的な風景を生み出します。

横手の送り盆まつり

『横手の送り盆まつり』は250年以上の伝統をもつ御霊祭りで、例年8月16日に行われています。

男衆が重さ700キロを超す屋形舟を互いに激しくぶつけあう中、横手城をバックに大迫力の花火が打ち上げられ、川原では花火ショーも行われます。

増田の花火

『増田の花火』は秋田県内随一の歴史と伝統を誇る花火大会です。

例年9月に行われており、正尺の早打ちや数々の豪華スターマインが夜空を彩ります。

【横手市のその他の詳細情報はこちら】
⇒横手市のホームページ
⇒ 横手市観光協会のホームページ
⇒ 横手市観光連盟のホームページ

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ