9月3日はベッドの日!ベットは間違い?ぐっすりの語源は?

139.9月3日はベッドの日!ベットは間違い?ぐっすりの語源は?

9月3日は、「ぐっ(9)すり(3)」の語呂合わせで、
全日本ベッド工業会が制定した”ベッドの日”になっています。

ちなみに”ベッド”と”ベット”、呼び方はどちらが正しいのでしょうか?

スポンサードリンク



ベッドとベットの違い

ベットはドイツ語

ベッドは奈良時代以前から中国から伝わったと言われていますが、
平安時代に畳が出現し、一般的にはあまり広まらなかったようです。

そして、明治以降に欧米式の生活スタイルが広まっていく中で、
再びベッドも伝わってきましたが、当時も一般には広まらず、
主に医療現場等で使われていたそうです。

そして、医学用語はドイツ語が使われることが多く、
ドイツ語でベッドは”bett”と呼ぶため、
ベット」という呼び方が広まったと言われています。

ベッドは英語

英語でベッドは”bed”と書くため、この呼び方は英語からきているようです。

戦後になると、日本にもさらに欧米式の生活スタイルが広まり、
また英語教育も浸透していってからは、
「ベッド」と呼ぶ方が多くなっていったと言われています。

結論 どっちも正解?

つまり”ベッド”と”ベット”、
どちらも語源が違うだけで意味は一緒で正しいということになりますね。

ただし、先に挙げた「全日本ベッド工業会」「ベッドの日」、
そしてパラマウントベッド、フランスベッド、ドリームベッド、日本ベッド…など、
国内で有名なベッドメーカーも、社名には”ベッド”を使っています。

なので、どちらかと言えば、現在は”ベッド”と呼ぶ方の方が多いのでしょうか?

ちなみに僕は、気が付いたら”ベット”と呼んでいたので、
今更”ベッド”と呼ぶのは非常に言いづらさを感じてしまいます(^^;)

スポンサードリンク



ぐっすりの語源

good sleep の略説

ぐっすりの語源が、英語の「good sleep(グッドスリープ)」
が語源になっているという説があります。

日本語と英語ですが、同じような意味ですし、
実際に発音すれば「グッスリ」と聞こえそうなので、
この説には非常に信憑性も感じられますね。

江戸時代から使われていた

しかし、一方で「ぐっすり」という言葉は、
江戸時代の書物にすでに書かれていたようです。

現代であれば「good sleep」が語源もありえますが、
さすがに江戸時代は日本が鎖国していた時代なので、
「good sleep」が語源とは考えにくいですよね。

眠くなってウトウトしていると、
崩れ落ちるようにガクンとなることがありますが、
まさにこの”崩れ落ちる”が変化して、
ぐっすり”という言葉が生まれたと言われています。

スポンサードリンク