8月18日は高校野球記念日!秋田県の歴代甲子園出場記録まとめ

121.8月18日は高校野球記念日!秋田県の歴代甲子園出場記録まとめ

8月18日は1915年のこの日、全国高等学校野球選手権大会の前身である
全国中等学校優勝野球大会の第1回大会開会式が行われたことに由来して、
高校野球記念日”になっています。

そこで今回は、秋田県勢の歴代甲子園の記録についてまとめてみようと思います。

スポンサードリンク



秋田県勢の歴代甲子園出場記録まとめ

最多出場

秋田県勢の夏の甲子園への歴代最多出場記録は、秋田高校(旧・秋田中)の19回で、
今年出場した秋田商業は18回で2番目となっています。

以下、明桜(旧・秋田経大付)が8回、金足農業が5回、
秋田中央(旧・秋田市立)と能代が4回、能代松陽(旧・能代商業)と本荘が3回、
秋田工業が2回、旧・秋田師範と横手と角館が1回出場しています。

春の選抜では、秋田商業が最多の6回で、
秋田と明桜(旧・秋田経大付)が5回で2番目
金足農業が3回で3番目の出場回数となっています。

また、秋田工業・大曲農業・大館鳳鳴・大曲工業が1回ずつ出場しています。

やはり、秋田県内では中央地区が強くて、県北・県南は出場回数が少ない印象ですが、
平成22年・23年と2年連続で出場した能代商業は記憶に新しいところですし、
昨年夏の角館、今年の春の大曲工業と2季連続で県南の高校が出場したのも、
大いに県内を盛り上げました。

野球に限った話ではありませんが、
近年は、中学時代に有望な選手もあまり中央地区の高校に行かず、
地元で頑張る選手が多いと聞きますので、
今後はもっとバラついていきそうな気がしますね。

最高成績

秋田県勢の夏の甲子園の最高成績は、第1回大会の秋田中の準優勝となっており、
ベスト4が昭和9年の秋田中、昭和40年の秋田、昭和59年の金足農業、
平成元年の秋田経大付で、これまで4回勝ち進んだことがあります。

個人的には、平成元年の秋田経大付の躍進が幼心に非常に印象的でしたね。
1年生投手で甲子園を沸かせた中川申也選手は、僕のヒーローでした。

そしておそらく今年の秋田商業のベスト8進出も多くの県民の心に残ると思いますし、
成田翔投手のピッチングは、幼いころの僕が中川選手に感じたように、
野球少年には甲子園を沸かせたヒーローとして、記憶に刻まれることでしょう。

また、春の選抜の最高成績は、秋田県勢として昭和36年に初出場した
秋田商業のベスト4になっています。

秋田出身の現役プロ野球選手在籍時の記録

秋田県内の高校出身の現役プロ野球選手は7名いらっしゃいますが、
甲子園への出場経験のある選手は3名のみです。

まず、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属している後藤光尊選手は秋田高校出身で、
平成8年の春の選抜大会に出場しており、現在は野手として活躍していますが、
高校時代はエース投手として活躍していました。

次に、東京ヤクルトスワローズに所属している石川雅規選手は秋田商業出身で、
平成9年の夏の甲子園に出場し、完投勝利を挙げる活躍をしており、
秋田商業の太田直監督とバッテリーを組んでいたことは非常に有名です。

最後に、福岡ソフトバンクホークスに所属している攝津正選手は秋田経大付出身で、
平成12年の春の選抜に出場しており、JR東日本東北を経てプロの世界に入っています。

スポンサードリンク



ちなみに、100周年記念の今年2015年は休養日

ちなみに、今年2015年は高校野球100周年の節目の年ということで、
今大会では第1回大会の出場校のユニフォームを再現して入場行進を行ったり、
早稲田実業OBで現在は福岡ソフトバンクホークスの球団会長を務める王貞治さんが
始球式を務めるなどの企画も話題となり、例年以上の盛り上がりを見せています。

しかし、なぜか高校野球記念日である当日の8月18日は、
準々決勝と準決勝の間に設けられた休養日となっています。

もちろん、選手の体調などを考慮すれば休養日というのは非常に重要ですが、
どうせなら100周年の節目である今年2015年は、決勝戦に合わせるなど、
何かしら試合日程を予定してほしかったと思います。

雨などで日程がズレてしまったのであれば仕方がありませんが、
今年はまだ一日も日程はズレていませんし、わざわざ最初から
18日が休養日となるような日程にしなくても…という気がしてしまいますね。

また、できれば休養日は、せめてあと2日は欲しいと思います。

現在は準々決勝と準決勝の間の1日だけですが、3回戦と準々決勝の間
準決勝と決勝の間にも入れてくれれば、選手たちも疲労を回復できるでしょうし、
それが好ゲームに繋がり、より盛り上がるようにもなると思います。

各都道府県や学校単位での夏休みの日程の違いや、甲子園球場使用の
日程調整などもあって、多くの日数を押さえるのは大変かもしれませんが、
来年以降の日程調整に期待したいと思います。

スポンサードリンク