天然アスファルト発祥の地!潟上市の観光・特産品・イベント情報

114.天然アスファルト発祥の地!潟上市の観光・特産品・イベント情報

今回は秋田県の西部に位置している潟上市(かたがみし)の
観光や特産品、イベント・お祭り情報
などをまとめていこうと思います。

なお、潟上市は、2005年に天王町・飯田川町・昭和町が合併して発足しています。

スポンサードリンク



潟上市出身の有名人

桜庭和志

プロ格闘家として知られている桜庭和志選手は、潟上市の旧・昭和町出身です。

一躍ブームとなった90年代末~2000年代のPRIDEでは、
強豪の外国人選手相手に互角以上の戦いを見せてくれました。

特にブラジルの柔術家一族であるグレイシー一族には何度も勝利しており、
グレイシー・ハンター」とも呼ばれており、他にも滅多に見られないような
変則技で相手を翻弄することから「IQレスラー」の異名も持っていました。

加賀健一

Jリーグ・浦和レッズに所属している加賀健一選手は、潟上市の旧・天王町出身です。

秋田商業高校卒業後の2002年にジュビロ磐田に入団していますが、
2001年にはU-18の日本代表にも選ばれたことがありました。

2005年・06年には期限付きでコンサドーレ札幌に移籍して、レギュラーとして活躍し、
2007年にはジュビロ磐田に復帰し、2012年からはFC東京へ移籍し、
2015年の今シーズンより浦和レッズでプレーしています。

潟上市の特産品

佃煮

潟上市は西に日本海、北に八郎潟と面しており、
数多くの水産物が水揚げされています。

そして、昭和30年代には「秋田県佃煮協会」(現・秋田県佃煮組合)が設立され、
現在も、小女子・白魚・ゴリ・鮒・わかさぎ・エビ・イカ等を原材料とした、
昔ながらの佃煮を主力商品として県内を中心に全国へ出荷しています。

最近では”わかさぎの唐揚げ”が若い世代から支持を受けて、
人気になっているようです。

天王梨

潟上市の天王地区は県内2位の収穫量を誇る梨の生産地で、
8月下旬からは幸水、9月中旬からは豊水が出荷されます。

また、上品な香りと超大玉果実が魅力で幻の梨とも言われている
かほり梨”が10月上旬頃から出荷されるそうです。

スポンサードリンク



潟上市の観光スポット

豊川油田跡

かつて石油王国秋田と言われていた時代、潟上市昭和地区の”豊川油田”は
県内有数の油田地帯で、平成19年には近代化産業遺産の認定を受けています。

また、現在の僕たちの生活の中でアスファルトは広く使われていますが、
古くは縄文時代から天然アスファルトが使用されており、
専門家の調査によって、その産出地が潟上市昭和地区だったと言われています。

また、一般的に日本で最初にアスファルト舗装が施されたのは、
明治11年に東京神田昌平橋であったそうですが、
その際使用された天然アスファルトも潟上市から運ばれたそうです。

豊川油田では現在もわずかに天然ガスを生産しており、
管理している東北石油(株)の事務所に併設する形で、
NPO法人 豊川をヨイショする会」が「豊川油田展示室」をオープンし、
ここでは天然アスファルトに関する歴史等が学ぶことができるようになっています。

天王グリーンランド

天王グリーンランド”(道の駅てんのう)は360度の大パノラマが楽しめる
「天王スカイタワー」や、産直施設の「食菜館くらら」、
県内最大級の公共温泉施設である「天王温泉くらら」を併設しています。

また、他にもピクニック広場やバーベキュー広場などの施設もあり、
市の交流拠点として賑わっています。

ブルーメッセあきた

ブルーメッセあきた”(道の駅しょうわ)には、8haの敷地に2haの花壇広場と
三棟の鑑賞温室をがあり、花と緑をテーマにした道の駅です。

昭和地区は「花の町」と言われるほど花卉栽培が盛んで、
施設内では花の鑑賞施設の他にも、販売スペースも用意されています。

また、併設されているグラウンドゴルフ場では、毎月大会が開催され、
他にも各種講習会・サークル・イベントも好評です。

ブルーホール

ブルーホール”は、潟上市(旧・昭和町)出身の水中写真家である
中村征夫さんの写真ギャラリーです。

このギャラリーは、小玉醸造株式会社の日本酒貯蔵庫を利用して開設されており、
様々なアーティストによる講演会やコンサートなども開催され、
アートを中心に広く文化を発信しています。

潟上市のイベント・祭り

東湖八坂神社祭典

東湖八坂神社祭典”は例年7月7日に行われており、
千年以上にわたり様々な諸行事が厳格に継承されている統人行事で、
国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

神人・スサノオノミコトが御神牛に乗り、天王岸へと練り歩き(牛乗り)、
天王岸では船上で深紅の衣で身を包んだ神人・ヤマタノオロチが「くも舞」を演じ、
神話の世界「スサノオノミコトのヤマタノオロチ退治」伝説を再現します。

鷺舞まつり

町の伝承芸能である「鷺舞(さぎまい)」は重厚華麗な踊りで、
寛文4年に神明社(現下虻川神社)が建立されたとき、
二代藩主佐竹義隆公の御前で舞われた舞と言われています。

例年8月の第一日曜日に開催されている”鷺舞まつり”では、
夜店・花火・太鼓演奏・盆踊り大会なども行われます。

八郎まつり

八郎まつり”は、壮大な三湖伝説浪漫「八郎太郎物語」を具現化した祭りで、
例年8月16日に行われており、祭りのシンボルである体長64メートルの八郎龍を、
約80人の担ぎ手若集が担いで町内を練り歩きます。

天王グリーンランドまつり

天王グリーンランドまつり”は例年8月下旬に開催されており、
特産品の販売・フリーマーケット・花火大会・仮装盆踊り大会・
キャラクターショーなど盛りたくさんのイベントで、夜には花火も打ち上げられます。

【潟上市のその他の詳細情報はこちら】
>>潟上市のホームページはこちら

スポンサードリンク