左利きのメリットとデメリット!利き手を変えるには?

左利きのメリットとデメリット!利き手を変えるには?

今回は利き手を変える方法について解説していきます。

主に左利きのお子さんを右利きに変えたいという親御さんが多いと思いますが、左利きにはデメリットだけではなくメリットもあります。また、利き手を矯正することによる弊害もありますので、その辺も合わせて参考にしてみてください。

スポンサードリンク

利き手はいつ分かるのか?

利き手が分かるのは4歳前後と言われています。乳幼児期にはおもちゃをとって遊ぶにしても、基本的には近いほうの手で両手をまんべんなく使っており、4歳前後頃になってようやく利き手が固定されるそうです。

また、赤ちゃんのうちに左手でおしゃぶりをしているからと言って、利き手が左になるとも限らないようです。ですから、乳幼児の間に利き手を判断するのはちょっと早いかもしれませんね。

左利きのデメリット

出費がかかる

左利きの方は全体の1割ほどしかいないと言われており、世の中にある多くの道具は右利き用に作られています。最も分かりやすいのが「はさみ」ですが、左手で右利き用のはさみで何かを切ろうとしても上手く切れません。

なので、左利きの方は元々家にある道具が使えない・使いづらい場合があり、家族とは別に専用の物を買わなければいけない場合もあります。

また、左利き用の道具は右利き用に比べて価格が高く設定されていることも多いので、その分の出費もかさんでしまうのがデメリットとなります。

日常生活が不便

左利きは日常生活の中で不便になってしまうこともあります。例えば、食事中は左隣の方と肘がぶつかりやすくなりますし、文字を横書きで書くときは非常に書きづらくなってしまいます。

また、駅では改札が右側にあるので、切符を入れたりスイカをタッチしたりするには、腕をクロスさせなければいけなくなります。

なので、日常生活で不便になりそうな部分だけ右でできるようにするのも、一つの考え方として良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

左利きのメリット

スポーツでレギュラーになりやすい?

左利きの方が最も重宝されるのはスポーツです。

特に野球では左打者のほうが1塁に近くて有利ですし、左投手のほうが1塁に牽制しやすい分、1塁走者のリードを狭められます。右利きの方が左で投げるのは難しいですが、左で打つのはある程度努力すれば誰でもできますので、プロ野球でも右投げ左打ちの選手はたくさんいます。

実は僕も中学時代は野球部で、どうしても左で打ちたくて練習した結果、右でも左でもどちらでも打てるようになりました。まぁ僕の場合は元々右でもあまり打てなかったので結局は補欠でしたが(笑)

つまり、プロでも素人でも右利きがわざわざ左でできるように練習するほど、スポーツで左利きは重宝される存在ということです。

他にもバスケやサッカーでも左利きの方がボールを持つと、対峙する守備側の選手はディフェンスがしづらいですし、柔道やボクシングなどの格闘技でも、サウスポーが相手というのはやりづらいと聞きます。

これも左利きの方が少ない分、対峙して練習する機会も少ないので、相手にとってはやりづらいということです。

だからこそ右利きと左利きで同じくらいの選手であれば、左利きのほうがレギュラーに選ばれることが多くなりますし、状況によっても左利きが必要とされる場面も出てきます。

モテる

左利きにはなんとなくかっこいいイメージがありますよね?左利きの方がいれば、その場で話題になって盛り上がりますし、注目度も上がります。

日常生活で不便な部分はありますが、それが個性になりますので、実は左利きをうらやましく思っている方も多いはずです。

カップルで食事に行って横並びで座る場合には、左利きの方が左側に、右利きの方が右側に座れば、二人とも右利きのカップルに比べて距離感が近くなるとも言われています。

ですから、左利きの方はそれだけでモテる要素があると言えるでしょう。

利き手を変える方法

利き手を変えるには、とにかく慣れることです。ご飯を食べるのも、字を書くのも、何をするにも変えたいほうの手で行っていれば、自然に慣れてそちらの手で行えるようになります。

大人になってから自分の意思で利き手を変える方もいるようですし、右利きの方が右手を骨折して、仕方が無く左手を使って生活していたら両手を使えるようになったという話も聞きます。

しかし、それには大変な忍耐力と根気が必要なので、矯正する本人には大きなストレスがかかってしまうのです。

利き手を矯正することによる弊害

左利きの方にもメリットはありますが、やはり日常生活での不便などを考えると、「左利きは個性だから矯正なんてしなくて良い」なんて無責任なことは言えません。文字を書く場合は「小さいころに矯正してもらって良かった」と言っている左利きの方が、僕の友達の中にもいます。

しかし、逆に『矯正させられた』とよく思っていない友達もいました。

最近では乳幼児に無理やり利き手を矯正させることでストレスを感じたり、親が叱って心に傷が残ったりするなど、利き手を矯正することによる弊害も明らかになってきているようです。

「左利きを矯正させるべきかどうか?」というのは難しい問題です。しかし、少なくとも昔のように偏見で左利きをよく思っていない方は、今の時代はほとんどいないでしょう。

ですから、無理やり矯正するよりも、個性として左利きの能力を最大限発揮させてあげることが親の役割ではないかなと、個人的には思っています。

スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ