8月5日はタクシーの日!タクシーとハイヤーの違いとは?

92.8月5日はタクシーの日!タクシーとハイヤーの違いとは?

8月5日は、1912年のこの日に、日本で初めてタクシー会社が営業を開始したことを
記念して、東京乗用旅客自動車組合が1984年に”タクシーの日”と制定し、
現在は全国乗用自動車連合会が全国統一キャンペーンとして実施しています。

そこで今回は、タクシーとハイヤーの違いについて、
また、運転代行とタクシー代行の違いについて書いていこうと思います。

スポンサードリンク



タクシーとハイヤーの違い

タクシー

タクシーは、様々な場所で”流し営業”をすることが可能で、
僕たちは街中で手を挙げたり、駅前に待機している時に、
こちらから乗車意思を示して利用するのが一般的になります。

ハイヤー

ハイヤーは、タクシーと違って流し営業をすることはできず、
運転手さんは所属する会社や営業所で待機しており、
僕たちから電話などで要請されると派遣されていきます。

2つの違い

タクシーとハイヤーの一番の違いは、先に挙げた「流し営業」ができるかどうか?
という点になりますが、他にもこのような違いがあります。

・タクシーは自動ドア、ハイヤーは運転手さんが手動で開閉する

・タクシーのメーターは乗客の見える位置にあるが、ハイヤーは見えない位置にある

・タクシーは目立つ色だが、ハイヤーは目立つ必要がないので黒が多い

・タクシー料金は乗車から降車まで、ハイヤーの料金は出庫から入庫まで

タクシーも呼んだら来てくれますが・・・

先にも書いたように、タクシーとハイヤーの一番の大きな違いは、
タクシーが流し営業可能であるのに対して、ハイヤーの運転手さんは、
待機していて、要請があれば行くというスタイルの違いです。

しかし、よく考えてみると、タクシーも呼んだら来てくれますよね。
そしてそれはハイヤーではなく、タクシーとして来てくれています。

このように考えると、やはり我々一般人にはハイヤーを利用する機会は
ほぼなさそうですが、どんな方が利用しているのかというと、
海外VIPの送迎や、会社役員の方が専属として利用されているようですね。

ちなみにタクシーを呼んだ場合は、ハイヤーのように出庫から料金を取られる
ことはありませんが、迎車料金というのが発生する場合があります。

そしてこの迎車料金は、地域によって違いがあるようですが、
秋田県を含む北海道・東北は基本的に無料のようです。

地域ごとの迎車料金の違いは、こちらを参考にしてみて下さい。
>>地域別の主な迎車料金

スポンサードリンク



運転代行とタクシー代行の違い

今回はもう一つ、お酒を飲んで帰る時によくお世話になる、
運転代行とタクシー代行の違いについて書いていこうと思います。

ちなみに運転代行サービスを日本で最初に行ったのは、
東京の碓井運転代行社(現・JDSインターナショナル)だそうですが、
飲酒時の運転代行の発祥は、1980年ごろの秋田県と言われているようです。

運転代行

運転代行は、乗務員2名が随伴車で利用者の元に向かい、
利用者は自分の車に乗車して、乗務員が運転を行います。

また、利用者の車を運転する乗務員には2種免許が必要になり、
利用者は随伴車に乗る事はできません。

タクシー代行

タクシー代行は、乗務員2名がタクシーで利用者の元に向かい、
利用者はタクシーに乗車して、もう1人の乗務員が利用者の車を運転します。

利用者自身は、自分の車に乗車することはできません。

運転代行とタクシー代行 どちらが安い?

一番大きな違いは、我々利用者が、どちらの車に乗るか?という点ですが、
実際に気になるのは、やはり利用料金ですよね?

しかし、この辺はケースバイケースで、
利用する時間や自宅までの距離、地域・会社によって異なるようです。

ちなみに、僕は秋田県の中でも田舎のほうに住んでおり、
外で飲むような場所まで18kmくらい離れているんですが、
運転代行を利用した方が、だいぶ安いようにも感じています。

もしかすると僕がよく利用する近辺は、たくさんの運転代行の会社があるので、
価格競争等があって、かなり安いのかもしれませんね。

ちなみに、僕よりももっと遠い場所に住んでいる友人は、
運転代行もタクシー代行も使わずに、泊まることが多いです。

住んでいる場所が遠すぎるので、代行を利用するよりも、
ビジネスホテルに泊まったほうが安くて、早く眠れると言っていましたが、
これはこれで非常に賢い選択ですね。

まぁどこが安いかというのは、非常に気になるところではありますが、
いずれにしても、飲酒運転だけは絶対にやめましょう。

スポンサードリンク