7月31日はパラグライダー記念日!秋田でできる場所ってあるの?

82.7月31日はパラグライダー記念日!秋田でできる場所ってあるの?

7月31日は、1988年に北九州市で第1回パラグライダー選手権が
開かれたことから、”パラグライダー記念日”になっています。

パラグライダーというと、なかなかなじみのない方が多いとは思いますが、
今回はパラグライダーを秋田でできる場所について書いていこうと思います。

スポンサードリンク



パラグライダーとは?

本題に入る前に、簡単にパラグライダーについて紹介していこうと思います。

パラグライダーは手軽に空を飛ぶことができる

パラグライダーは、専用のパラシュートを地上で開き、
斜面を利用して空を飛ぶスカイスポーツです。

日本で普及し始めたのは1986年頃からと言われていますが、始まったのが
1978年頃のフランスでの事なので、それほど歴史のあるスポーツではありません。

しかし、スカイスポーツの中では一番競技人口が多く、
現在では国民体育大会のデモンストレーション行事の種目にも加わっています。

軽い布と糸でできたパラシュートは、折りたたんでザックに入ることが可能で、
装備重量も20kg程度なので、人間一人の力で持ち運ぶことも可能です。

また、スカイスポーツの中では最も装備重量が軽くて、特別な力を必要とせず、
手軽に空を飛ぶことができるので、女性の占める割合も多いそうです。

フライト中は、ハーネスという装備に座り、
左右のブレークコードと呼ばれる操縦桿を引いて滑空します。

フライトするための国家資格などはありませんが、
実際のフライトエリアでフライトするには、
JHFが発行する技能証とフライヤー登録が必要となります。

ハンググライダーとの違い

パラグライダーと似たスカイスポーツとして、ハンググライダーがあります。

ちなみに、”ハングライダー”ではなく、”ハンググライダー”です。
』を連続で言うので、ちょっと言いづらいかもしれませんね。

パラグライダーがパラシュートを用いてフライトするのに対して、
ハンググライダーでは三角形の翼に吊り下がった状態でフライトします。

パッと見、パラシュートと翼の違いだけだと思ってしまいますが、
ハンググライダーのほうが、滑空性能が高く、時速100kmを超えることもあり、
パラグライダーよりも、操作技術の取得が難しいと言われています。

また、飛ぶための機材も、直径50cm・長さ5mほどの棒状となるため、
一人で持ち運ぶには困難で、車等が必要になるようです。

このように手軽さには欠けますが、滑空性能の高さから、
ハンググライダーも人気のスカイスポーツになっています。

スポンサードリンク



秋田でパラグライダーができる場所

秋田スカイスポーツクラブ

秋田スカイスポーツクラブ(ASSC)では、
男鹿や湯沢などではパラグライダーでフライトし、
秋田市の海岸ではエンジン付きパラグライダーでのフライトも行っているそうです。

【詳細はこちら】
>>秋田スカイスポーツクラブのホームページ
>>秋田スカイスポーツクラブのツイッター

パラグライダースクール ミルバス

パラグライダースクール ミルバスでは、
日本ハング・パラグライディング連盟公認インストラクターが、
マンツーマンで指導してくれるそうです。

また、完全予約制で、天候に応じて講習会場を選んでくれるようです。

【詳細はこちら】
>>パラグライダースクール ミルバスのホームページ

寒風山パラグライダースクール

寒風山パラグライダースクールは開校から25年の実績があり、
技能に合わせた各種コースが用意され、体験飛行も行っているようです。

また、寒風山は全国でも稀な全面を芝生に覆われた山であり、
木が少ないためにより安全なフライトができるため、
パラグライダーのフライトエリアとしても恵まれた環境になっているそうです。

【詳細はこちら】
>>寒風山パラグライダースクールのホームページはこちら

スポンサードリンク