出身大学診断とポジション診断をやってみた!開発者は誰?

出身大学診断とポジション診断をやってみた!開発者は誰?

今回は『出身大学診断』『学生時代のポジション診断』をやってみた結果を紹介していきます。

最近非常に話題になっていますが、誰でも無料でできる非常に面白いサービスです。まだやっていない方はぜひ一度やってみてください。

スポンサードリンク

出身大学診断の詳細

今回の『出身大学診断』の開発者は不明です。現在分かっているのは『QOLONY(コロニー)』というサイト名のみです。

ちなみに現在『QOLONY(コロニー)』にアップされているのは『出身大学診断』と『ポジション診断』のみですが、サイトの構成などをみる限りでは、開発したのは単なる素人の方ではないだろうとは思います。

少なくともそういう知識に長けた方でなければ、このようなシステムを作ることはできないと思いますからね。

出身大学診断の結果

出身大学診断は「学校の試験に出てきそうな問題に 2~6択で答えていく」という流れになっていましたが、問題は非常に難しかったです。

選択式なのでわりと適当に答えちゃいましたが、その結果がこちらです。
20-出身大学診断 結果

僕の出身大学は内緒ですが、関東のほうなので、残念ながらハズレてしまいました。というより、もしかすると僕の出身大学は入っていないかもしれません(笑)

スポンサードリンク

学生時代のポジション診断の結果

学生時代のポジション診断も2~6択で答えていく流れでしたが、中学時代・高校時代・大学時代のどの時代で答えるか、ちょっと悩んでしまいましたね。また、回答する側の答えに幅があるので、「選択肢の中に答えが無い」というケースもありました。

とりあえずやってみた結果がこちらです。
20-ポジション診断結果

一応高校時代のことを思い出してやってみたつもりでしたが、残念ながらまたハズレてしまいました。

中学時代は学級委員の経験はありますが、高校時代はやったことがありません。そういうタイプでもなかったと思います。

出身大学診断をやってみた感想

今回『出身大学診断』と『学生時代のポジション診断』をやってみた感想としては、目の付け所としては非常に面白いと思いましたが、精度を上げるのはかなり難しい気がします。

同じ大学でも理系と文系がありますし、さらに学部ごとに受験科目や偏差値も違いますので、もしかすると方言による出身地診断以上に難しいかもしれません。
⇒ 秋田県民が方言チャート100をやってみた結果!

また『学生時代のポジション診断』は「もっと答えの選択肢に幅があったほうがやりやすかったな」と思いました。

いずれにしても、まだ最近作られたばかりのサービスのようなので、今後のバージョンアップに期待したいと思います。もしかすると今後はこういうサービスがどんどん増えていくかもしれませんね。

追記

答えを全部調べてみました。一度、診断をやってみてからご覧ください。
⇒ 【ネタバレ注意】出身大学診断の答え一覧!これであなたも東大出身者?

【2016年:追記】
2016年現在サイトにアクセスできなくなっていますので、サービスを終了してしまったようです。面白いサービスだったので残念ですね。

スポンサードリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ