スコップで三味線?スコップ戦士ジャミセリオンって何者?

17.スコップで三味線?スコップ戦士ジャミセリオンって何者?

秋田でご当地キャラと言えば、超神ネイガーを思い浮かべる方が多いと思いますが、
湯沢にも”スコップ戦士ジャミセリオン”がいるのをご存知でしょうか?

県内のお祭りやイベントを中心に活動しているようですが、
今回はそんなジャミセリオンを紹介していこうと思います。

スポンサードリンク



スコップ戦士ジャミセリオンって何者?

ジャミセリオンのプロフィール

17-ジャミセリオン

【ニックネーム】サンダーロード魁

【誕生日】紫陽花の咲くころ

【出身地】湯沢市

【血液型】みちのく産O型

【出身校】湯沢商工高校

出典:ジャミセリオンのブログ 秋田から「ンダッスナ!」

ブログは2008年から続けている

ジャミセリオンと名乗っているのに、ニックネームが
サンダーロード魁」というのは正直ちょっと意味が分かりませんでしたが(笑)
ブログのプロフィールを拝見してみると、格闘技にも精通しているようなので、
もしかすると、それがリングネーム的な感じだったのかもしれませんね。

ブログは2014年7月を最後に更新が途絶えていますが、
なんと2008年から続けており、1000記事以上あるので、読み応えがあります。

そして、最近はツイッターのほうを中心に更新しているようで、
僕がフォローしたら、フォローを返してくれた心優しいヒーローでもあります。

スポンサードリンク



スコップ戦士ジャミセリオンの特技

スコップ三味線って何?

ジャミセリオンには、スコップと栓抜きを使って三味線のように
音楽を奏でるという特技があります。

なかなかシュールな特技だな~と思ったんですが、
実はこのスコップ三味線は、青森県の五所川原市在住の高橋弘行氏が1985年に考案し、
2007年からは「スコップ三味線世界大会」まで開かれているそうです。

また、スコップ三味線には、誰でも気軽に行える気軽さがありますが、
本当に弾いているように見せるには、熟練のワザを必要とすると言います。

確かに、一見簡単そうには見えますが、実はかなり難しいんでしょうね。

ジャミセリオンが使っているスコップのメッキの剥げ具合からも、
相当練習したのが伺えるような気がします。

ジャミセリオンのスコップ三味線は世界第2位の実力

我らがジャミセリオンは「第8回津軽すこっぷ三味線世界大会」で
個人の部・準優勝という輝かしい成績を収めたそうです。

この世界大会は2007年からなので、第8回目ということは、
昨年2014年の大会ということになりますね。

ちなみに、第2回大会には、芸人の月亭方正(当時:山崎邦正)さんも出場して、
個人の部で第3位に入賞したこともあるようです。

また、この大会は毎年年末に開催するのが恒例のようなので、
ジャミセリオンには今年も出場して、今度はぜひ優勝してほしいですね。

ジャミセリオンはスコップ三味線だけじゃない

ジャミセリオンはスコップ三味線を奏でるだけではなく、
子供たちと一緒に恋するフォーチュンクッキーも踊っていました。

ちなみに、動画タイトルにはAKB48非公認と書いていましたが、
ジャミセリオンのキャラクター自体も、残念ながら湯沢市非公認のようです。

しかし、なんと津軽スコップ三味線では公認キャラということで、
やはりスコップ三味線界では、かなりの有名人であるのではないでしょうか?

まぁ、ゆるキャラ界のトップに君臨する”ふなっしー”も
実は船橋市の非公認キャラなので、公認・非公認にはこだわらずに、
今後もスコップ三味線と、秋田を盛り上げるために活躍してほしいと思います。

スポンサードリンク