フランスパンが硬い理由とは?賞味期限や柔らかくする方法は?

フランスパンが硬い理由とは?賞味期限や柔らかくする方法は?

11月28日は「いいフランスパン」の語呂合わせで、日本フランスパン友の会が制定し、日本記念日協会が認定した『フランスパンの日』です。

そこで今回は『フランスパンの日』にちなんで、気になるフランスパンが硬い理由や賞味期限、柔らかくする方法などについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

フランスパンが硬い理由

フランスでは柔らかいパンを作れなかった?

パンの材料としてまず小麦が挙げられますが、元々フランスの土壌や気候ではグルテンを豊富に含む小麦を生産するのが難しかったと言われています。

ちなみに、このグルテンという成分はタンパク質の一種で、小麦で作られる食品の弾力や柔軟性を生み出す要素の一つでもあります。

ですから、結果的にフランスでは、外がパリパリで中がサクサクした独特の食感を持つフランスパンが生まれたわけです。

柔らかいパンとの材料の違い

また、フランスパンが硬いのには、柔らかいパンとは使われている材料が違うという理由もあります。

フランスパンは一般的に小麦粉・塩・水・イーストのみで作られています。しかし、僕らがよく食べている食パンなどには、それ以外にも砂糖・卵・乳製品・油なども使われており、これらがあのモチモチした食感を生み出しているのです。

ただし、この話を聞くと「フランスパンも中はモチモチしてるじゃん!」と思われるかもしれませんね。たしかに僕らが普段食べているフランスパンは、外はパリパリでも中がモチモチしている物が多くなっています。

なぜなら、日本人はモチモチした食感を好むためであり、日本で売られているフランスパンは、わざとそのように作られているからです。

まぁ、お寿司などの日本食も海外ではその地域に合わせた形に変わっていますので、海外の寿司を見て「あんなものは本物の寿司じゃない」と思ってしまう方がいるように、フランス人にも「日本のフランスパンはニセモノだ!」なんて思われているのかもしれませんね(笑)

スポンサードリンク

フランスパンの賞味期限

フランスパンの賞味期限については、調べてみると色々と言われているようです。1日、2日という方もいれば、1週間という方もいます。

また、フランスパンは一般的なパンとは違って水分が飛びやすいので、その分カビにくいとも言われています。

ですので、残念ながらフランスパンの賞味期限に正解はなさそうですね。

ただし、しいて言えばお店の方に聞いてみるのが一番かと思いますし、なるべく早く食べるに越したことはないでしょう。

なので、フランスパンを購入する時は一度にたくさん買うのではなく、その辺を考えて計画的に食べきれる量を購入することをオススメします。

フランスパンを柔らかくする方法

昨日買ったフランスパンが、昨日は食べやすくて美味しかったのに、今日残りを食べたらカチカチだったというのはよくある話ですよね。これは先にも書いたように、フランスパンは水分が飛びやすいためです。

そこで見つけたのがこんな方法です。

まぁ海外のYoutubeなので、何を言っているのかさっぱり分かりませんが^^;

つまり、硬くなったフランスパンを水で洗ってからアルミホイルで包み、それをオーブンで温めるということです。

パンを水で洗うなんてちょっと勇気のいる方法ですが(笑)よろしければ一度試してみて下さいね。

フランスパンの保存方法

ただし、そもそも硬くならないように保存すれば、パンを水で洗うなんて大胆なことをしなくても美味しく食べられるはずです。

そこでオススメの方法としては、フランスパンを空気に触れないようにラップでぴったりと包む方法です。これなら水分もあまり飛びませんので、買った次の日に食べても美味しく食べられるはずです。

そして、もし長期間保存するのであれば、ラップに包んだ状態で冷凍保存するのが良いでしょう。ただし、これもあまり長く保存し過ぎると味が落ちてしまいますので、長くても1週間~2週間程度が目安になります。

フランスパンは大きいために一度ではなかなか食べきれないこともあると思いますので、ぜひ最後まで美味しく食べられるように賢く保存して下さいね。

スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ