プロ野球の歴代順位を調べてみた!最小ゲーム数の年はいつ?

プロ野球の歴代順位を調べてみた!最小ゲーム数の年はいつ?

今年(2015年)のプロ野球・セリーグは大混戦が続いていますよね。プロ野球ではシーズン最終戦を迎える前に優勝チームが決まり、後半の数試合は消化試合になってしまうことが多かったりします。

そこで「今年のような混戦がシーズン終盤まで続いた年は無かったのか?」について歴代の順位を調べてみましたので、今回はその結果をまとめて紹介していきます。

スポンサードリンク

プロ野球の歴史は1936年から

日本のプロ野球の歴史は『日本職業野球』という名称で始まり、1936年まで遡ります。しかし、この年は春・夏・秋でリーグ戦やトーナメント戦などを行い、試合数も少ないようでした。

翌年も春季と秋季に別れていましたが、現在のようなペナントレース形式で行われています。

【1937年 春季ペナントレースの順位表】
15-1937年の順位表

当時はセ・リーグとパ・リーグに別れておらず1リーグ制でしたが、やはり今は馴染みのないチーム名が多いですね。直感で分かるのは「東京巨人軍」というのが、現在の「読売巨人軍」です。

ちなみに8位の「イーグルス」と、現在の「東北楽天ゴールデンイーグルス」は全く関係がありません。

この年(春季)は伝説の名投手『沢村英治』さんが、最優秀防御率・最多勝利・最多奪三振・最高勝率と、投手部門のタイトルを総ナメにし、大活躍したシーズンでもありました。

プロ野球混戦の歴史TOP3

過去のプロ野球の順位表で、首位から最下位までのゲーム差が少なかった年をランキング形式で紹介していきます。

第3位

15-第3位 1998年 パ・リーグ

第3位は1998年のパ・リーグで、 首位の西武から最下位ロッテまでが9.5ゲーム差でした。先にちょっとネタバレになってしまいますが、この後の第2位と第1位はどちらもセ・リーグなので、この9.5ゲーム差というのがパ・リーグでは最小のゲーム差です。

あまりプロ野球に関心がない方は「こんなものか」と思われるかもしれませんが、今年のパ・リーグはすでに首位から最下位まで18ゲーム離れています。

今回僕は全ての年のゲーム差を調べましたが、シーズン終了後の首位から最下位までのゲーム差は、20ゲーム、30ゲームは当たり前のように離れている年が多かったです。

ですから、やはりこの9.5ゲーム差というのは、 かなり混戦した年だったと言えます。

ちなみにこの年にリーグ優勝を果たした西武は日本シリーズでも中日に勝ち、3年連続日本一にも輝きました。また、この年のオリックスはイチロー選手がいた時代で、181本で最多安打、3割5分8厘で首位打者も獲得しています。

第2位

15-第2位 1992年 セ・リーグ

第2位は1992年のセ・リーグで、 首位のヤクルトから最下位中日までが9.0ゲーム差でした。この年は4位広島と5位大洋が5ゲーム差離れましたが、首位から4位までが3ゲーム差内なので、シーズン終盤までどこが優勝するのか予想も付かない年だったろうと思います。

優勝したヤクルトの監督は名将・野村克也氏で、正捕手は古田敦也選手でした。しかし、この年は高卒新人で入った石井一久選手も未勝利で終わるなど投手不足に悩まされた年であったようなので、まさに総力戦で掴んだリーグ優勝だったと言えるでしょう。

15-第2位 1994年 セ・リーグ

第2位の9.0ゲーム差はもう1度あって、2年後の1994年にもセ・リーグは大混戦でした。

しかもこの年は、シーズン最終戦に同率で首位に並んでいた巨人と中日が直接対決で戦い、巨人の優勝が決まっています。シーズン最終戦まで優勝が決まらないというのは、ファンとしてはドキドキしながらもたまらないですよね。

スポンサードリンク

第1位

15-第1位 1973年 セ・リーグ

第1位は1973年のセ・リーグで、 首位の巨人から最下位の広島までが6.5ゲーム差でした。この年は『V9』と呼ばれている巨人が9年連続日本一になった年でもあり、あの王貞治選手と長嶋茂雄選手が活躍していた黄金時代でもあります。

長嶋選手は、残念ながらシーズン終盤にケガをしてしまいチームを離脱しましたが、王選手は打率.355・51本塁打・114打点で、3冠王・最優秀選手にも輝きました。

その他のプロ野球ゲーム差データ

平均ゲーム差は?

1位でも6.5ゲーム差ということで「意外に開いているな」と思った方が多いかもしれませんね。

しかし、セ・パリーグ合わせて全ての年を平均してみた所、29.5ゲーム差となりました。また、10ゲーム差以内になったのは今回紹介した年だけです。

こうして考えてみると今年はまだシーズンは終わっていませんが、いかに今のセ・リーグが混戦状況にあるかが、お分かりいただけると思います。

最大ゲーム差の記録

15-最大 1955年 セ・リーグ

最も大きく首位と最下位のゲーム差が開いた年は、1955年のセ・リーグで61.5ゲーム差というのがありました。

チーム名は違いますが、リーグ内のチーム編成は今と一緒です。

  • 大阪:阪神タイガース
  • 国鉄:東京ヤクルトスワローズ
  • 大洋:現・横浜DeNAベイスターズ

やはり巨人は昔から強かったんですね。

最後に

2015年7月上旬現在、セ・リーグで行われた試合数はまだ70数試合なので、まだまだ先は長いです。

ちなみに僕は阪神ファンなんですが、今年に限ってはこのまま終盤まで混戦が続いて、リーグ最終戦での優勝決定戦というのを見てみたい気もします。

いずれにしてもセ・リーグの球団のファンにとっては、まだまだ目を離せない状況が続きそうですね。

ちなみにこちらでは、ノーヒットノーランにあと一歩届かなかった”あの選手”の記録についてまとめています。
⇒ ノーヒットノーランと完全試合の違いとは?記憶に残る記録を紹介!

スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ