うえだみどり大根はなぜ緑色?お取り寄せ情報はこちら!

うえだみどり大根はなぜ緑色?お取り寄せ情報はこちら!

11月26日に放送される青空レストランで、長野県産の『うえだみどり大根』が紹介されます。うえだみどり大根は、まるで漬物につけたかのように色鮮やかな緑色をしており、切った断面までが緑色という非常に珍しい大根です。

そこで今回は、うえだみどり大根が緑色の理由についてや、気になるお取り寄せ情報を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

うえだみどり大根について

うえだみどり大根はどんな味?

うえだみどり大根
出典:http://www.osusowakeya.jp/

うえだみどり大根は長野だけで作られている地大根で、一般的な大根よりも少し強く、ほんのり甘みもあるようです。生の野菜スティックで食べても凄く美味しいんだとか。

しかし、僕が一番おいしそうだなと思ったのは、みどり大根のおろしをのせた「そば」
うえだみどり大根のおろしそば
出典:http://blog.nagano-ken.jp/

辛みがあると薬味にもなるので、そばとは相性バッチリのような気がします。

ちなみに秋田県民の僕としては、もしこれを”いぶりがっこ”にしたらどうなるのか?が気になります^^;

うえだみどり大根はなぜ緑色なのか?

青首大根
出典:http://www.ja-munakata.or.jp/

僕らが普段食べている大根は「青首大根」という品種で、日本の作付面積の98%がこの大根です。

青首大根もちょっとだけ上のほうが緑色になっていますが、これはその部分が地表に出ていて光合成を行っているからです。
うえだみどり大根 緑色
出典:http://uedakai.sakura.ne.jp/

そして、今回青空レストランで紹介される「うえだみどり大根」は地表に出ている部分が広くて葉緑体も強く、光合成が盛んなために、青首大根よりも緑色の面積が広くなっているということなんですね。

また、うえだみどり大根は辛味大根の一種でもあり、一般的な大根よりも小ぶりなのも一つの特徴になっています。

スポンサードリンク

うえだみどり大根のお取り寄せ情報

このように、一度は食べてみたい「うえだみどり大根」。まず楽天の通販をチェックしてみたんですが、残念ながら取り扱いはありませんでした。

しかし、地元上田市にある「おすそわけ屋」さんという通販ショップでは取り扱いがありました!
⇒ 「おすそわけ屋」のホームページはこちら

他には通販で購入できるショップはなさそうでしたが、上田市内の直売所やスーパーでは販売されているようですね。

また、おそらく日テレの通販ショップでもお取り寄せできると思いますので、番組の放送が終了したら、こちらもチェックしてみて下さい。
⇒ 日テレ テレビショッピングはこちら

ついでに「美味だれ」は?

今回は「うえだみどり大根」がメインにはなっていますが、番組の後半では「真田丸」という長野県の地鶏も紹介されるようです。

こちらは超貴重な地鶏のようで、その焼き鳥に「極上のたれ」をつけて食べるというからたまりません。

ちなみにその「たれ」は『美味だれ(おいだれ)』というもので、こちらは上田市ではメジャーなB級グルメでもあるようです。

そしてこちらは楽天でも取扱いがありました!
⇒「美味だれ」はこちら

また、上田の焼き鳥屋さんではこんな感じで食べるようです!

これはヤバイですね。見ているだけでよだれが出るくらい、超旨そうです^^

実は僕も大河ドラマの真田丸にハマっていて、いつかは上田市にも行ってみたいなと思っていましたので、その時にはぜひ「美味だれ」の焼き鳥を食べてみたいと思います!!

スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ