招集と召集の意味や違い!サッカー日本代表や国会の場合はどっち?

招集と召集の意味や違い!サッカー日本代表や国会の場合はどっち?

「招集」「召集」の二つの漢字については、
これまで僕はあまり意識することはありませんでした。

しかし、新聞やニュースなどを見ていると、
サッカー日本代表や国会の場合では使い分けられていることに気付きました。

そして、その意味や違いを調べてみると、
この二つは使い方を間違えると、ちょっと大変であることが分かったのです。

そこで今回は「招集」と「召集」の意味や違いについて解説していこうと思います。

スポンサードリンク



「招集」と「召集」の意味や違い

「召集」の意味

まずは手へんのついていない「召集」のほうですが、
この「召す(めす)」というのは呼び寄せることを敬って使う漢字です。

そして「召集」というのは、立場や地位の上位者が下位者を呼んで集めることで、
天皇陛下の国事行為でのみ使われるのが一般的です。

また、戦時中は軍事でも召集という漢字が使われていましたが、
現在は天皇陛下が召集するのは国会のみとなっています。

ちなみに天皇陛下が乗る列車も「お召し列車」で『召』という字が使われていますね。

「招集」の意味

という事で「国会召集」以外は、全て「招集」と覚えておけば間違いないので、
サッカー日本代表は「招集」のほうを使います。

ちなみに「招く(まねく)」にも人を呼び寄せる意味がありますが、
こちらは特に立場に違いはありません。

なんとなくサッカーの代表は偉い人達が呼んでいるイメージがなくもないですが、
「集まって下さい」と要請しているので「招集」という字になるのです。

また、国会以外の議会や委員会、地方自治体の議会なども、
こちらは天皇陛下の国事行為ではありませんので「招集」になります。

もちろん自衛隊を集める時も「招集」という字を使います。

スポンサードリンク



僕らが使う時に気を付けるべきこと

僕らが普段の生活の中で「しょうしゅう」という字を使う事はあまり無いと思いますが、
株主総会や会議の資料などを作る方は気を付けて下さい。

「会議の目的:~~~という理由で招集させて頂きました。」

もちろん株主総会も会議も「招集」という字を使いますが、
ここで「召集」と書いてしまっては大間違いになってしまいます。

とは言っても知らない方も多いですし、そこまで問題にはならないと思いますが、
中にはその辺に敏感な方もいらっしゃると思いますからね。

ですので、書く可能性がある方は、ぜひ今のうちに
パソコンで「しょうしゅう」と打って「招集」が最初に出るようにしておきましょう。

国会召集以外は「招集」と覚えておけば間違いないですからね。

「召」という字について

ちなみにここまでのことを踏まえると、
「ひょっとして”召”は天皇陛下に対してだけ使うのかな?」
と疑問に思った方もいるかもしれませんね。

しかし、意外に「召」という字は一般的に使われています。

例えば、

・お召し上がりください

・お気に召すままに

・召喚獣

特に最後の「召喚獣」はアプリでゲームをする方にとっては、よく見る文字ですよね。

まとめ

「召集」は天皇陛下の国事行為である『国会召集』だけに使います。

そして、それ以外に関してはサッカーの日本代表も株主総会も会議も自衛隊も、
全て「招集」という字を使います。

ただし「召」という字は一般的にも使われる場面がありますので、
その辺は勘違いしないように気を付けて下さいね。

スポンサードリンク