踊る大捜査線で柳葉敏郎(室井)が使っていた秋田弁一覧!

踊る大捜査線で柳葉敏郎(室井)が使っていた秋田弁一覧!

秋田弁が知られるようになったのは、
踊る大捜査線で柳葉敏郎さん(室井慎次役)が使っていたのが
大きなきっかけになりましたよね。

大体いつも終盤でストーリーが一段落したところで言っていましたので、
それまでの緊張感が緩んだところで秋田弁を使うあたりは、
タイミング的にも非常に絶妙でした^^

そこで今回は、踊る大捜査線で室井(柳葉敏郎)が使っていた秋田弁を一覧にして、
分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク



踊る大捜査線で室井(柳葉敏郎)が使っていた秋田弁一覧!

ほんじなっす

「ほんじなっす」は1998年に公開された
映画の第1作目「踊る大捜査線 THE MOVIE」で使っており、
これは秋田弁では『大馬鹿者』という意味になります。

⇒「踊る大捜査線 THE MOVIE」はこちら

青島(織田裕二)が犯人の母に刺され、
すみれ(深津絵里)と一緒に車で病院へ向かっている車中の中で、
亡くなったかと思いきや寝ていた青島に対して言っていましたが、
ちょっと柳葉さんのこの言い方は訛りが強かったですね^^;

 

分かりやすく言うと、これは「ほじなし」で、
「ほじ」には『物事の分別』というような意味があります。

そしてそれが「無し」なので「分別がない」、
つまり『大馬鹿者』ということになるのです。

また、秋田弁では「無い」ことを『ね』とも言いますので、
「◯◯はほじねぇ」のように使われることも多いですね。

さらに、逆に「ほじがつく」というと「分別がある」という意味なので、
昔はやんちゃだった子が大人になって立派になると、
「◯◯は大人になってほじついだな~」なんて言われたりもします。

かだっぱりこいで

「かだっぱりこいで」は2003年に公開された映画の第2作目
「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」で使っており、
これは秋田弁で『意地を張りやがって』という意味になります。

⇒「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」はこちら

警視総監の表彰式のシーンで、表彰を受けずに仕事である捜査を優先した
青島に対して室井が言っていました。

 

「かだっぱり=意地っ張り」「こいで=~して」という意味です。

ちなみに「こいで」は色んな言葉の後ろにつきますが、
変化すると「こぎ=~な人」のような意味にもなります。

例えば「嘘こいで=嘘を言って、嘘を言いやがって」、
「嘘こぎ=嘘つき」のような感じです。

へっちゃまげな

「へっちゃまげな」は2010年に公開された映画の第3作目
「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」で使っており、
これは秋田弁で『大きなお世話だ』のような意味になります。

⇒「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」はこちら

青島に「室井さん、(仕事)楽しいですか?」と
聞かれた最後のシーンで言っていました。

 

「まげる」には「~する」という意味がありますので、
「まげな」と言うことで「~するな」という否定の意味になります。

そして「へっちゃ」には「世話」という意味がありますので、
「へっちゃまげな=大きなお世話だ」となるのです。

スポンサードリンク



へばなしたっちょ

「へばなしたっちょ」は2012年にテレビのスペシャル版で放送された
「踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件」で使っており、
これは『だからどうした?』という意味になります。

⇒「踊る大捜査線 THE LAST TV」はこちら

最後のシーンで小栗旬さん演じる鳥飼に「あなたがしてきたことは偽善だ」
と言われたことに対してのセリフでした。

 

これは秋田県民である僕もわりとよく使いますが、
「へば=だから、それで」「なしたっちょ=どうしたの?」という意味です。

ただし「なした」だけでも「どうしたの?」という意味になりますので、
「っちょ」はついてもつかなくても意味は通じます。

では、なぜ「っちょ」をつけてしまうのか?

それは同じ秋田県民である僕にもよく分かりません^^;

「へばなした」以外では「っちょ」をつけることはあまりありませんが、
ついつい言ってしまう”秋田弁あるある”なのかもしれませんね。

おじまげな

「おじまげな」は2012年に公開された映画の第4作目
「踊る大捜査線 the final 新たなる希望」で使っており、
これは『かっこつけるな』という意味になります。

⇒「踊る大捜査線 THE FINAL」はこちら

室井が青島に「大切なものだ。しまっておけ。」と警察手帳を渡した時、
青島が「大切なものはここ(胸)にありますから」」
と言ったことに対してのセリフでした。

ちなみにこれは「おじまげる=かっこつける」という意味で、
最後に「な」と否定することで『かっこつけるな』となります。

最後に

秋田県

(青=秋田市、黄緑=大仙市、黄色=横手市)

柳葉敏郎さんは秋田の大仙市(旧・西仙北町)出身で、
僕が住んでいる横手とは隣接しています。

そして、今回は柳葉さんが踊る大捜査線の中で使っていた秋田弁を5つ紹介しましたが、
実は「かだっぱりこいで」「へっちゃまげな」「おじまげな」の3つは、
横手の僕の周りで使う人はほとんどいません。

しかし、例えば「おじまげる」なんかは、
柳葉さんと同じ旧・西仙北町出身の方はよく使っているのを聞きますので、
「同じ秋田でも言葉って変わるんだな」と最近よく感じています。

 

ただし、大仙市の友人と話していると、逆に僕のほうが横手市民ならではの
秋田弁を使っていることをツッコまれることがあります。

また、横手市民同士でも、ちょっと地域が変わると
「何それ?」と思うような言葉を聞くこともあります。

なので、やっぱり秋田弁って難しいのかもしれませんね。

秋田弁をもっと知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 関東暮らしで通じなかった方言(秋田弁)厳選5選+α!

⇒ 難易度ウルトラCの秋田弁!「ねねね」を徹底解説!

 

スポンサードリンク